On The Board

 春を待ちかねているのに早々とはいかず、まだまだ冷気が身を包む昨今です。もう寒いのはアキアキなのですが、何事もイッショクタにはいかないようです。

 先日、ボォ~と考えるでなく、物思い(妄想)に耽っていると、随分昔のこと、30年以上前のことを思い出しました。新宿住友ビルでカメラ屋にいた頃のことです。30年前の新宿住友ビルは活気がありまして、5Fだか6Fだかにはビル内の従業員用の食堂がありました。ある時、昼過ぎに行くと、数人の女子社員に囲まれて和やかに食事しているケッコー年配の恰幅のいい男性がいました。斜向かいから観察していましたら、ワイシャツのカフスボタンがとても変ったものでした。

 カフスの正面に、○の中に”田”の字が見えるのです。島津家かと思うところですが、周りにいる女性は顔見知りのマクドナルドの社員でして、この男性は日本マクドナルドの藤田社長でした。この藤田社長、名前が”田(でん)”で、藤田田で”田”のカフスなのです。昔の大人はこんなオシャレだったのですね。壮年の男性が若い女性に囲まれて和やかに食事している。これはケッコーいい風景でした。

 なんでこんなことを思い出したのか分かりませんが、もう一つ思い出したのが同じ住友ビルに入っていた ITT(インターナショナル・テレフォン・アンド・テレグラフ=米国の大手通信会社)の部長さんです。この方、同じ紺色のスーツを一度に6着買って、曜日ごとに替えてくるという変った方でして、「僕くらいになると周りが服装を気にするので、同じカッコーで通す」とのことでした。それでこの方がよく言っていたのが「ボードに名前が載るまで頑張る」で、これは重役になることだそうで、自意識過剰気味でしたがカワイイ人でした。

 一般社員と昼食をとる社長と重役を目指す管理職ですが、”ボード(On The Board)”に引っかかりました。なんでも欧米では”ボードランチ”(パワーランチだっけ?)という昼食があるようで、有名レストランに予約を入れて、そこで重役連中が昼食をとる習慣があるそうです。欧米人らしいと言えばそうでしょうが、実にバカげていますね。日本の社長は、社員食堂で一般社員と一緒に食べるのが普通です。幹部と一般社員、報酬の違いだけで充分なのにさらに差別を助長したいのか、食事で差をつけるなんてイヤラシイですね。

 妄想の結末が、日本と欧米の両極端な習慣の違いとなってしまいました。ワタシ、日本の良いところはこの差別をなくそうとする意思、差別をイヤラシイとする感覚だと思うのです。実際に差別がないとは言えませんが、日本人には平等であろうとする意思があると思うのです。それが欧米化の波、情報化社会の進展で変わってきているのではと思うのです。会社のお金で少人数で贅沢な食事をとるなんて、ミットモナイ、アサマシイ行為とするのが日本人だと思うのですが・・・

 30年前といえばバブル時代の初期であり、欧米的な価値観の萌芽期でもあった時代です。そんな時代を思い起こしていたのですが、ワタシはどうしても、社長と女子社員が和やかに食事している方が理想の会社と思うし、向うべき社会だと思うのです。でも現実には社会は少数の欲望を満たす社会に向っていて、主人と奴隷の社会に回帰しようとしているように思えるのです。こうした現状もワタシの妄想であればいいのですが・・・。(因みに、BoardがBoardsとなると舞台の意となり、On The Boardsで舞台に立つとなります。)

印象操作

2017年3月9日
「印象操作」という言葉が聞こえてきました。ワタシはテレビ見ない、新聞読まない生活ですが、偶に聞くラジオから「印象操作」が流れてきました。口にしているのは、かの安倍チャンです。

嫁さんのアッキーが公人か私人かと姦しいのですが、公務員が5人も帯同して、5人分の交通費を自腹切ったとも思えず、いまさら私人なんて誰も思いやしないでしょう。そんな論争で、安倍チャンは「印象操作している」と仰っているのですが、ホントは「印象操作はオレの十八番(おはこ)だ!」と言いたいのではないでしょうか?

ワタシの友人で、地方在住で世間の情報はテレビと新聞という一般的な庶民がいます。2~3週間前に彼に森友事件を話したら、「えッ、そんな問題があるの?」と言っていまして、1週間ほどして「あの問題新聞に出ていた」との報告がありました。地方在住とはかぎらないけど、この世情ではテレビと新聞に頼っていると、いつの間にか情報弱者になってしまいます。

なぜ情報弱者になるのか、それは安倍チャンの「印象操作」が行き届いているからです。安倍チャン主催の食事会に、マスコミの社長連中がホイホイと参加する。おそらくご本人たちは「呼ばれて良かった」と思っているのでしょうが、マスコミには政権の監視という役割があることを忘れてしまっています。監視役がエサを貰って尻尾を振っているんじゃ・・・。ナサケナイ。

森友事件、これボロボロと疑惑が出てきて、自公はどうやっても黙殺できないでしょう。だって、これだけ騒がれても理事長さん、まだ学校を開校できると思っていますから・・。今後さらにこれまでの諸疑惑が掘り起こされ、これからの一挙一動が注目されます。そして、あの理事長ですから燃料不足はあり得ないでしょう。

さらにこの理事長、大阪府が学校の認可を取り消したら「賠償問題」になると、行政に脅しをかけています。これだけ怪しさ、バカさが世間に広まって、まだ森友学園を維持できると思っているようです。安倍チャンも大変な”お仲間”を持ったもんです。また別の”お仲間”のマスコミも大変です。いつ安倍チャンを見捨てるか決断しなければなりませんから・・。そう安倍式「印象操作」が瓦解する・・・かもしれませんよ。

居留守対策

2017年3月7日
「このヤロー!」些細な事ですが、ホント「このヤロー!」っと何かに当たりたくなる出来事がありました。ことは町内会の集金ごときで、そんな一大事じゃないですけど・・・。

以前にも書きましたが、ワタシ町内会の今年度の班長です。そして先日、今年度最後の集金に回ったのですが、居留守をかますバカな家があるのです。日曜日の午前中、集金すべぇと家を出ると、3軒ほど先の家の奥さんが目に入りまして「あっ、いるな」と思ったのですが、逆方向の家から回りました。その家の番になってピンポーンと、ピンポーンと何度も鳴らしても、まったく反応がありません。さっき見かけたのに、2台の車もあるのに、まったくの反応なしです。「居るだろうに?」ですが、まぁこれくらいはと退散しました。

その日の夕方、再度訪問しましてピンポーン、ピンポーンですが、またまた反応ありません。車は2台あって、部屋には灯りがついていても、まったく反応なしです。「このヤロー!」でして、大声で「○○さ~ん」と連呼しても反応ありません。千円、2千円を払いたくなくて居留守か?家の中でジッとしているのか?これ理解できますか?

この家、この夫婦、イヤここのダンナ、40代半ばですが、10年ほど前に一度だけ言葉を交わしたことがあります。同じ町内会の集金だったのですが、このダンナが庭に居たので「町内会です。会費お願いします。」と声を掛けたら、「ボク、そういうこと分からないんです。」との返事。「えぇ?分からない?」とワタシ。千円、2千円でツマラナイ言い訳をしやがると、思いっきりケイベツのマナザシを投げたのを思い出しました。

こんなヤツ、ハラ立つでしょう?好きで集金やっているわけじゃなく、集金はオマエだって「明日は我が身」なのに居留守なんて、腹立たしいでしょう?ムシャクシャしていたのですが、いいアイデアが浮かんできました。その家の前から、その家に電話するのです。「○○さんですか?」「町内会です。会費お願いします。」ってやるのです。これオモシロイ居留守対策でしょう?次の日曜日やったりましょう!

初期のジャニス?


2017年3月5日
CD発掘シリーズです。なぜこのシリーズが続くのか?それは我が家に大量のCDが埋まっているわけじゃなく、たんに整理整頓が悪く散乱してるからです。そうワタシのオツム同様なのです。

去年は、ジミやジャニスのデビューからのCDを数枚買いまして、「やっぱいいな~」と悦に入っていました。そうするとベスト盤じゃないオリジナル、何をもってオリジナルかは難しいのですが、本人存命中に出たアルバムが欲しくなりました。次に見つけたら買うべぇ~と思っていたのですが、ジミの「FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN」とジャニスの「LIVE AT THE WINTERLAND 68」が我が家から発掘されました。(整理できていない、憶えていないだけなんですが・・)

ジャニスの方ですが、まず最初に気にかかったのが「WINTERLAND」でして、「WINTERLAND」や「FILLMORE」とつくアルバムは多くあります。「WINTERLAND」、「FIILMORE」(イーストもウェストも)、ともにビル・グレアムが作ったもので、ここでザ・バンド、グレイトフル・デッド、バターフィールド・ブルースバンド、とにかく多くのミュージシャンがライブを演っていまして、多くの名盤に名前が刻まれています。ビル・グレアムはエライ!

もうひとつ脱線して、アルバート・グロスマンというジャニスのマネージャーがいました。この方敏腕で、ジョーン・バエズ、PPM、ディランなどのマネージメントもやっていて、さらにプレーヤーをくっつけることにも有能で、ディランとバターフィールドの組み合わせは歴史的な出来事となっています。大袈裟じゃなく、世界初のエレキギターでのコンサートはディランでして、バックをやっていたのはバターフィールド・ブルースバンドです。(ギターはマイケル・ブルームフィールドですね。)また"”Bearsville”というレーベルを作ったのもグロスマンでして、アンタはエライ!

余計なことばかりとなってしまいました。「LIVE AT THE WINTERLAND 68」、これと「CHEAP THRIllS」はジャニスとビッグブラザーズの名義で、謂わば初期のジャニスです。まだ貫禄とまでいかないジャニスとバンドの掛け合いが初々しくて、バックコーラスで入っているジャニスがリードボーカルを押しのけていて、とってもいいですよ。・・・でも1968年、そろそろ50年、なんてこったい!」

右寄ったバカ

2017年3月2日
なにか降る雨もそんなに冷たくなく、春が近づいてきていますね。近所の梅の木も、樹下には花びらが積もり盛りを過ぎているようです。春はもうちょっとです。

もうちょっとでなく、始まったばかりの騒動が「アッキード事件」です。ロッキードじゃなく”昭恵”で「アッキード」ですが、このネーミングはあまりよくないですね。この”昭恵”がなかなかクセモノでして、家庭内野党とか期待を持たせる表現もありましたが、この”昭恵”はいろんなところに顔を出しますが、なにかワザと反自民勢力や市民運動に近づいているようです。なにか彼らの気勢を見事に摘んでいるようで、”昭恵”はクセモノですよ。

結果的にか、意図的にか彼女の行為は、安倍チャンの障害になりそうな勢力を事前に摘んでいるようです。先の参院選で三宅ナンタラという候補がいましたが、”昭恵”が登場してからなにか微妙に気勢が削がれたようで、結果落選でした。それでワタシには”昭恵”の役割は、安倍チャンの敵対勢力の気勢をそぐ、芽を摘むような役割を果たしているのではないかと思うのです。

そんな”昭恵”の””名誉校長”が問題となりそうになっていますが、問題は”名誉校長”ではなく背後の”日本会議”じゃないでしょうか?政治家にスリ寄っていった学園の理事長は”日本会議”で、問題は安倍チャンと”日本会議”の繋がりです。偶々、この理事長が分かりやすい”右寄ったバカ”だから、底なしの欲ボケだったから事件が発覚したもので、追求されるべきは”日本会議”と”日本会議”と安倍チャンの繋がりじゃないですか?

”右寄ったバカ”とハッキリ書いてしまいましたが、幼稚園児に「中国ナンタラ」とか「安倍総理大臣ナンタラ」と言わせるのはバカでしかないでしょう?もっとも”右より”はタンナル金儲けの一環なのでしょうか?そして、幼稚園児に褒め称えられて感激するどうしょーもない首相ですが、これも金儲けの一環なのでしょうか?
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ