ココロはどこに?

2017年7月27日
今日は大きいニュースが、夕方になって2つ。世間的には大きいだろうと思いますが、ワタシにとっては「ふぅ~ん」ってなものですが、例の防衛大臣の辞任と例の民進党のレンホー(漢字変換がメンドー)の辞任ニュースです。

例の防衛大臣、もっとも呆れたのは都議選の応援演説で、閣僚と党員の区別がつかない閣僚だったわけで、それと比べると自衛隊幹部に相手にされないくらいフツ~のことですね。このヒトって何者だったのでしょう?もともと弁護士だったそうですが、一連の騒ぎで露呈したのは、まったく応用が効かない、まったく素の知識量が足りていないということです。なんでも、ヤタラ勢いのある右寄り発言をやるようですが、それで安倍チャンに好かれたそうですが、アホを掛け合わせてどうするの?

例のレンホーさんですが、ワタシ民主党政権時代以来、民進党にまったく関心がなくなっています。民進と書くことがなかったのです。だからレンホーさんにも関心なしで、辞任の理由もなんでもよくて、二重国籍であろうと何であろうと興味ありません。民進党にも党員にも、全く市民感覚が感じられないのです。まぁ政治家は須らくそうですが、国家より、国民より議席なんですね。民進党もレンホーも、なくてケッコーじゃないですか?

この2つのニュースと並べてピッタシのニュースがありました。ソフ○バンクが実施したキャンペーンがデタラメだったというもので、キャンペーン特価販売の目玉商品が、ほとんどの店に在庫がなく、しかも旧型の在庫処分だったとのことです。たいして数量のないモノをセールの目玉とする、この企画を出す社員もスゴイけど、その企画のままやっちゃう会社の体質、無神経さがスゴイ!

お粗末な資質しかない閣僚、ホントの政治意識のない党と党首、そして顧客をイイカゲンにあしらう企業、分かりました?この3者、そう国民をバカにしているのです。つながったでしょう?それにしてもこんな話しばっかり・・・。抽象的になっちゃうけど、ココロはどこに置いてきたの?

裁量人生

2017年7月26日
昨日の雨降りのときは確か33℃ほどで、何もしていないのに汗がポタポタでした。同じように雨も降った今日ですが、まったく暑くなく、Tシャツだけでは寒いくらい。湿度もチョッコッと蒸す感じで、この差はナンジャラ?

聞くとはなく何となく聞こえてきたラジオのニュースで、防衛大臣の罷免とか、辞任とか、いや再任とか聞こえてきました。よく世間では「適材適所」との言葉が使われますが、この言葉ほど実行されない言葉も少ないでしょう。まぁフツ~の会社なら課長くらいまでのポストは、適とか、不適とか勘案されるでしょうが、その先は「適材適所」ではなく「運」じゃないでしょうか?

ワタシもフツ~のサラリーマンを30年ほどやりましたが、ワタシは案外と出世は早いほうでしたが、それは生まれつき態度がデカかっただけで「適材適所」じゃなかったような気がします。でもワタシのようなハグレやすい性格では、出世は部長くらいまでで、それ以上先は無縁の世界です。ただ仕事柄、部長以上、役員クラスの方とお話しする機会が多いのですが、「さすが!」と思わせる方はホンノ1割程度で、「このヒト役員?」という方が多かったように思われます。

結局、この国の場合は人事権を持っている方次第で、情実人事になったり、囲い込み人事になっているのではないでしょうか?サラリーマンを30年もやっていると、能力の差はたいしてなく、そのヒトの人間性が好まれるか、嫌われるか、それしかないような気がします。最適な言葉が浮かんできました。そう「裁量」です。誰かの「裁量」ですべて決まるのです。

連合が乗り損ねたのが「高度プロフェッショナル」といわれる残業代不払い政策ですが、この「高度プロフェッショナル」も単なる「裁量」でしかありません。確たる基準がないのに「高度」と名づけて、「アンタはえらい!」と称えられ、残業代をケチられるのです。そしてこの国の「適材適所」も、誰かの「裁量」で捻じ曲げられるのです。誰だ?

すっかりこの国を包み込んでいる「忖度」と「裁量」、ホントのことなんか誰も口にしない。住みやすいのか、住みづらいのか、あなたはどっち?

ネェ連合さん

2017年7月20日
先日、経団連と連合が政府の労働政策に賛同を示したことに関して「連合は誰の味方だ?」と書きましたが、さっそくこれです。

「一般の働く人々の権利と生活を守るために動くのが労働組合の役割のはず。連合執行部は今回の一方的な賛成表明を撤回し、存在意義を見せてほしい」!!これはデモ参加者の檄で、これはスゴイことです。労働者が連合に対してデモを起したのですから・・。

詳しくは連合内部の後継者争いが絡んでいるようですが、そんなことは勝手にやって貰えばいいことで、勝手に労働者の代表のようなツラをするなということです。デモの参加者は100人程度とのことですが、政権にスリ寄る、政権の走狗のような労働者団体となっている連合に、納得出来るヒトはいないでしょう?ヒド過ぎます。

これも安倍政権の特徴のひとつで、いろんな団体のトップクラスの一部のヒトを囲い込んで、「賛同を得ている」「政策は支持されている」と強弁します。経団連は何もなくとも政権ベッタリですが、連合が政権に飲み込まれたのでは、もはや連合ではありません。「恥を知れ!」じゃないですか?

どこかで誰かが書いていましたが、昔のお父さんは夕方帰ってきて子供と遊んでいたと。それが今じゃ、子供と夕餉を囲むことが出来るお父さんは少ないそうです。これ明らかに労働条件の悪化です。こんな夏の夕方、玄関の脇に台を出して夕涼みをする家族、将棋をやる親子、50才代から6才0代の方ならこんな光景を憶えているでしょう?いまや昔の光景ですが、明らかに生活のユトリがなくなっているのです。

「働け!働け!」の時代は昔のことと思っていましたが、実はもっと巧妙に、もっと狡猾にワレワレは働かされているのです。やれ生産性だ!やれGDPだ!ですが、生産性もGDPも労働者の責任だけじゃないでしょう?だけど低賃金の形で労働者だけが責任を取っている。この不公正、不公平が問題じゃないですか?ネェ、連合さん。

何度でもBLOOMFOLED


2017年7月18日
え~、このクソ暑い中、相変わらず昔の音楽ばかりを聴いています。ディランあり、ジャニスあり、ザ・バンドありなのですが、ケッコー前に発掘した9枚のマイケル・ブルームフィールド(以下MBと略す)にスッカリ嵌ってしまい、ズブズブから抜け出せずにいます。

早世したカリスマは死後のアルバムがやたら多いのですが、エルビスしかり、ジミヘンしかり、ジャニスしかりですが、ウチにMBが9枚あるということは、トータルで20枚くらいは出ているのでしょうかね?亡くなった後のアルバムは往々にして、急いで寄せ集めました感がしてツマラナイですが、MBはほぼアタリです。

アタリとは「いいっ!」の意味です。ちょっと紹介すると、レーザーライトというレーベルの2枚、「Gospel Of Blues」と「ROOT OF BLUES」、前者がエレキとアコギで、後者がエレキバンドにブラスつきで、どちらもチョ~渋くていいのです。発売が1994年ですが、演奏はおそらく1970年代後半じゃないでしょうか?

1枚1枚聴きこんでいくと次々に嵌まっていくのですが、1980年発売の「LIVING IN THE FAST LANE」これが抜群です。MBは1981年に無くなっていまして、これは彼の最後から2枚目のアルバムです。不思議ですがこのアルバム、ブルースブルースしていないのです。10曲中3曲はブルースですが、他はブルースっぽくないのです。

このぽくない曲が「いいっ!」のです。ポップス?ソウル?そんなノリノリな曲がとても「いいっ!」のです。ギターが控えめで、ボーカルもヒトまかせですが、これが実に「いいっ!」のです。音楽としてのマトマリがいいのか、マッタリとした雰囲気が伝わってくるのがいいのか、イヤ総合的に「いいっ!」のです。

MBはバターフィールド・ブルー・バンドやエレクトリック・フラッグ以降はバンドを組んでいないのですが、先のレーザーライトの2枚とこの「LIVING~」のバンドは「いいっ!」ですね。この「LIVING~」は、なにかMBがギターやブルースから開放されて、純粋にアメリカンミュージックを楽しんでいる。そんな感じで「いいっ!」のです。

行き過ぎた偏重

2017年7月17日
しかし暑いですね。まだ7月中旬だというのに、異常高温じゃないでしょうか?ノンキな気象庁は、梅雨明けをいつにするのか悩んでいるのかもしれませんが、梅雨明けの期日なんて誰の生活に影響するのか?意味のない、悪しき習慣でしかないですね?

数日前のこと、こんな記事がありました。『連合の神津里季生会長は13日、所得の高い一部の専門職を労働時間の規制や残業代の支払い対象から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の創設を柱とする労働基準法改正案を修正し、年間104日以上の休日確保を義務化するよう安倍晋三首相に要請した。政府は経団連の同意を得て修正に応じる構えで、連合も高プロ導入を事実上、容認する。』というやつです。

これ意味がよく分かりません。日本の企業の97%は中小企業ですよ、経団連の同意がなぜ必要なのか?一部の専門職を「労働時間の規制や残業代の支払い対象から外す」ことと、「年間104日以上の休日確保を義務化する」これってイコールですか?休日確保は義務化するけど、高度プロフェッショナルは別でしょうか?そして経団連と連合(これ経営者と労働者だけど)は、同床異夢じゃなく同床同夢になったのでしょうか?

ワタシ、なんせ労働組合のあるような会社に勤めた経験が無く、メーデーなどとも縁がないので分かりませんが、連合という組織は確か労働者の味方、労働者の代表ですよね?なんかオカシクないですか?フツ~に考えれば、労働者を二分する、フツ~の労働者と高度プロフェッショナルに分ける考え方に反対するのがスジでしょう?

高度プロフェッショナルって気持ちの悪い言葉ですね。何と比べて高度なのか、何と比べてプロフェッショナルなのか、誰か教えてください。海外の一流企業がそうだから、そんな理由なんでしょうか?一般労働者と大企業の社長の年俸が、200万円から数億円と50倍からの差がある世の中ですが、ヒトの能力に50倍の差があるとは思えませんが、これって正常な差異なのでしょうか?

そりゃ何億もの年俸の方はウハウハでしょうが、ヒトの年俸の差とは何なのか?ワタシには行き過ぎた偏重としか思えませんが、どこにもフツ~の労働者が見ませんが、そこからじっくり考えるべきじゃないでしょうか?ネェ経団連さん、ネェ連合さん。
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ