合従連衡

2012年11月19日
唐突に、朝フトンから出るのが辛い冬になってしまいました。しかし、何度も書いていますが、朝起きた時よりさらに寒く感じるお昼頃ってありかと思いませんか?

衆院が解散となり投票日も決まり、選挙モードに突入した感があります。そうすると、どの党が、誰が、と言うのでなく、唐突にマトモなことを言い出します。不思議ですね。そして、今回の選挙の特徴は”合従連衡”で、今まで言っていたことを簡単に覆すビギナーが目だっています。なんでも「小異を捨てて大同につく」とか?冗談は止せよって言いたくなります。

「この国」とか「国民」と言うコトバがそこかしこで聞かれますが、多くの「国民」が原発停止や見直しを望んでいるのに、原発ゼロを掲げている「生活」や民社や共産の支持はほんの僅かで、民主も自民も公明も第三極と言われる党も、「国民」の要望に沿っていません。それで「この国」や「国民」と言うコトバを連発するのは、逆に国民をバカにしているようにしか思えません。

もうひとつ、とてもおかしいのは「TPP」を争点とすることです。おそらくTPPほど中身が分からない、都合よく説明されているコトバも少ないのではないでしょうか?実際の方向性や具体的な規制は何一つ分かっておらず、「こうなるだろう?」「ああなるだろう?」だけです。それで推進派は「新たな開国」とか言っていますが、今のこの国の状況で、この国から見た場合、開国しなければならないものって何ですか?改正しなければならないものって何ですか?「主」も「客」も分からないで、「虚」や「実」が分かるわけないです。正体不明じゃ推進も不参加もないでしょうに・・。

それでもなんでも政権側に入りたい。ただそれだけの”合従連衡”が行われています。Twitterに自民が「第一自民党」で、民主が「第二自民党」で、第三極が「第三自民」と揶揄した発言がありました。これ大正解で、結局は自民党になるべく”合従連衡”しようとしているのです。

でも忘れていけないのは、原発政策が骨抜きになって放射線禍を招いたのは自民党政治で、被災地で木に竹を接ぐ対応で、木で鼻を括っているのは自民党政治が培った体制が為しているということです。(現地の状況を見ないで、道理の通らない施策を冷淡に執っている・・ということです。)

”合従連衡”とは、縦に連なって敵に対することらしいのですが、今回の騒動は、どの党も縦に連なって自民党になろうとしているだけです。なんて「国民」をバカにした連中だことで・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめ【合従連衡】

2012年11月19日唐突に、朝フトンから出るのが辛い冬になってしまいました。しかし、何度も書いていますが
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ