みっちり読書

2017年10月4日
体調はすっかり落ち着いてきました。人生初の1週間の入院生活でしたが、終わってみれば何のことはありませんでした。今日、退院後初の通院でしたが、胆嚢の病理検査とか、血圧管理がどうのとか、次から次へと課題を振っていただき、ありがたいことで・・・。

退院の際に「お薬手帳」というのをいただき、さらに今日は「血圧手帳」、「毎日血圧計って書き込んでください」とのお言葉、早世した友人を思い出してしまいました。30年以上前のこと、血圧が高かった彼は血圧計を購入して毎日計っていました。健康診断の日、医者との問診で彼は大真面目に「毎日計っているのに落ちないんです」と。医者はすかさず「計るだけで落ちるわけないでしょう?」と。「えぇ~、落ちないんですか?」と彼。そんな昔話を思い出してしまいました。

まぁ1週間入院していたのですが、2日ばかりは意識混濁でしたが、ほかの5日間はひたすら読書に勤しんでおりました。既読の「アイヌ学入門」を再読しようと持参しましたが、わずか1日で読了してしまいました。なぜ既読の本なのかですが、「アイヌ学入門」は9割がたは通常のアイヌ文献なのですが、最後の一章が「黄金」というタイトルでして、これが気にかかっていたのです。そして中尊寺金色堂の奥州藤原氏が出てきて、アイヌと藤原氏と黄金、興味深い話なのです。(半年ほど前、知人が「オレは鉄平!」という古い漫画を数冊持ってきまして、この”ちばてつや”の漫画、ほとんどが剣道漫画なのに、なぜか最後に奥州藤原氏の埋蔵物を発掘します。「なんじゃこりゃ?」でしょう?)

持参の本を1日で読んでしまい、仕方ないので売店へ本を探索に行きました。そこにあった読めそうな雑誌は、NHKの「ラジオ深夜便」と「文藝春秋」でした。両方とも購入しましたが、改めて再認識したのは「文藝春秋」のパワーでして、これが読み応えがあり2日も保ちました。「文藝春秋」は絶対デジタル化してはダメですね。数年に一度くらいしか買わないのだけど、サスガに文藝春秋社と思わせる雑誌で、なぜ”文春砲”なんてゲスな雑誌を出すのでしょうか?(そっちが儲かる?そうですね。)

というわけで、ワタシの一週間の蟄居生活で役立ったのは「文藝春秋」でした。しかし購読するかとなると、そんなに簡単じゃないのです。入院中の2日みっちりは、通常生活の何日分かと考えると、とても毎月読めそうにありません。まぁ時々でいいか・・そんな読者に支えられているのでしょうね。・・・しかし、読書みっちりの生活なんて・・・ないほうがいいような、そんな気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ