戦争がつくられる?

2017年9月6日
今日は一日、とてもイヤな天気でした。ずっと曇りで時々細い、薄い雨が落ちてくる。気がつけば充分に濡れちゃって、そして少し蒸していて、うぅ~ん鬱陶しい!

昨日の最後に、『もっと声を掛ける努力をした方がいいと思うのですが、「制裁」の先に「和平」があるとは思えません。』と書きましたら、声を掛けようとする人物が現れました。アントニオ猪木議員がそのヒトです。彼はこうも言っています。「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない。私はスポーツ交流を基本にやっている」と。

アントニオ猪木、プロレス外交とくれば、多くのヒトは「何ができる?」と眉にいっぱいツバをつけちゃうでしょう。確かにプロレス外交に効果を求めるのは難しいでしょうが、「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない。」は至極マットウです。対策や代案が何もない現状で、効果が見込めないからヤメロは安易な対応じゃないでしょうか?

猪木議員の行動が裏目に出ることは多いにあり得ますが、裏目に出たら「それ言わんこっちゃない」じゃないのです。これほど交流が途絶えているのですから、裏目、失敗に終わることがフツ~です。何も行動しないでいて、失敗を指弾する。そんな態度からは何も変化は起きないし、なにも生まれてはこないのです。

しかしツラツラ思うのですが、なにやら話し合いや交流を持ちたくない空気というか、このまま一方的に悪役のままにして、一方的に破滅の道に進めようとしている。そんな雰囲気が漂っていると思いませんか?そして異常な国家を退治したと、これまた一方的に宣言したい。そんな空気を感じませんか?

戦争の勃発や戦況の情勢といったものは、確かな情報が共有された歴史はとても少ないのではないでしょうか?勃発した原因は、どちらの国が勝ったかによって変ってしまうし、戦況が正確に伝えられるとは考えにくいことです。戦争がつくられてしまう。そんな怖さを感じませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ