こじらせる国

2017年8月15日
「韓日関係ももはや2国間関係を超え、北東アジアの平和と繁栄のため共に協力する関係に発展しなければならない」「歴史問題が韓日関係の未来志向的な発展の足を引っ張り続けることは望ましくない」「韓日関係の未来を重視するからといって、歴史問題を覆い隠して(前に)進めるわけにはいかない」「歴史問題にしっかり決着をつけた際、両国の信頼がさらに深まる」

上記の抜粋は、韓国の文(ムン)ナンタラという大統領の光復節(開放記念日)での演説内容です。つまり「歴史問題」が決着しないかぎり日韓関係の発展はないと言っています。「歴史問題」、これ耳タコというか、すっかり聞き飽きたフレーズでして、この解決策として何億円かの基金を拠出したのですが、ん?あれは慰安婦問題だけ?でも慰安婦問題も解決してなく、今度は慰安婦像をバスに乗せたりしています。そして次は徴用工問題、その次は創氏改姓・・・うぅ~ん、キリがない。

これに対して安倍チャン、「ゴールポストが動くことは絶対にあり得ない」と慰安婦問題の見直しを否定しています。アタリマエといえばアタリマエ、トーゼンなことです。しかしどんな言い訳でもアリな国で、前政権の執政なぞは簡単にヒックリ返せることでしょう。でもこの展開は先読みしなきゃいけません。ではどうする?後戻りしない協定、「最終かつ不可逆」な合意であったことを言い続けるしかないでしょう。

まぁ韓国の為政者が日本を糾弾し続けるしかないのは、大韓民国が建国した時からの宿亜(治らない病)でして、「歴史問題の決着」は絵空事でしかありません。問題をひとつずつ解決させたとしても、彼等はドンドン掘り続けて、ドンドン蘇らせて、いつまでも糾弾を続けるでしょう。じゃどうするの?

歴史的な凸凹はどんな国の間にもあるのに、なぜ日韓間はこじれるのかです。これひょっとして、こじらせたい側とこじらせたくない側があるからじゃないでしょうか?こじらせたくない側は、「解決すべき歴史問題はない!」と開き直るしかないのでは・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ