ネェ連合さん

2017年7月20日
先日、経団連と連合が政府の労働政策に賛同を示したことに関して「連合は誰の味方だ?」と書きましたが、さっそくこれです。

「一般の働く人々の権利と生活を守るために動くのが労働組合の役割のはず。連合執行部は今回の一方的な賛成表明を撤回し、存在意義を見せてほしい」!!これはデモ参加者の檄で、これはスゴイことです。労働者が連合に対してデモを起したのですから・・。

詳しくは連合内部の後継者争いが絡んでいるようですが、そんなことは勝手にやって貰えばいいことで、勝手に労働者の代表のようなツラをするなということです。デモの参加者は100人程度とのことですが、政権にスリ寄る、政権の走狗のような労働者団体となっている連合に、納得出来るヒトはいないでしょう?ヒド過ぎます。

これも安倍政権の特徴のひとつで、いろんな団体のトップクラスの一部のヒトを囲い込んで、「賛同を得ている」「政策は支持されている」と強弁します。経団連は何もなくとも政権ベッタリですが、連合が政権に飲み込まれたのでは、もはや連合ではありません。「恥を知れ!」じゃないですか?

どこかで誰かが書いていましたが、昔のお父さんは夕方帰ってきて子供と遊んでいたと。それが今じゃ、子供と夕餉を囲むことが出来るお父さんは少ないそうです。これ明らかに労働条件の悪化です。こんな夏の夕方、玄関の脇に台を出して夕涼みをする家族、将棋をやる親子、50才代から6才0代の方ならこんな光景を憶えているでしょう?いまや昔の光景ですが、明らかに生活のユトリがなくなっているのです。

「働け!働け!」の時代は昔のことと思っていましたが、実はもっと巧妙に、もっと狡猾にワレワレは働かされているのです。やれ生産性だ!やれGDPだ!ですが、生産性もGDPも労働者の責任だけじゃないでしょう?だけど低賃金の形で労働者だけが責任を取っている。この不公正、不公平が問題じゃないですか?ネェ、連合さん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ