システマチック

2017年6月20日
先日のこと、ちょっとヒマな気分とヒマな時間が重なり、そんなに暑くもなかったので、平日にもかかわらずプラプラと久しぶりの散歩を敢行しました。

街道沿い、ワザと古い表現をしているのではなく、ホントに大昔からの街道沿いから1本裏に入った道をプラプラと歩いていましたら、「ドン!」というケッコー巨大な音が聞こえてきました。この音、時おり耳にしており「なんじゃ?」と気になっていた音でして、発生源は大きな倉庫でした。この倉庫、10㌧以上はあろうトラックが出入りしていて、直径2mくらい、高さがもうちょっとある大きな紙のロールを10個以上積んでいまして、この荷下ろしで、2段重ねの上の段のロールがトラックの荷台に落ちたときの音が「ドン!」でした。

ワタシが見物しだした時は、荷台をシートで覆ったトラックで、一人の運転手がトラックを固定させる、シートをタタミながら外す、大きなロールをずらしながら押し出す、荷下ろしが完了する。いろんな片づけ、電話連絡と一連の作業を流れるようにこなし、あっという間に出庫していきました。見事にシステマチックされていました。

すると5分も待たずに次のトラックが入ってきまして、これは女性の運転手とオッチャンのコンビでした。トラックは、荷台すべてをジュラルミンで囲っている観音開きで開閉するタイプです。女性が先導して動いていましたが、これまた流れるような手順であっという間に荷下ろし終了です。二人組みですからさらに早いのはトーゼンでしょう。

「フ~ン」な状況ですが、このとき余計な思いが湧いてきたのです。それは、先の一人で荷下ろした彼と、この二人組の待遇、つまり報酬はどうなんだろうと思ったのです。ワタシの推測は、二人組みの方がいい給料を貰っているです。ワタシらしい偏屈な推論ですが、推論の元となるのはトラックの装備の差です。つまり一人仕事の彼は中小の業者で、二人組は大手じゃないかと思ったのです。

一人仕事より二人仕事のほうが報酬がいいってオカシイのですが、社内(倉庫と運送が同じ会社)の業務なのか、下請けなのか、孫受けなのか、この違いで報酬はまるっきり違いますから、あり得るのではないでしょうか?なんとなくそう思ったのですが根拠を上げると、先の彼の納品完了後の電話です。そう管理が細かいのです。

まぁどんな仕事でも、徐々にシステマチックになっていくのは当然ですが、システマチックに対応できる会社やヒトが生き残っていくのでしょうが、無駄話も、一服すべぇもないシステマチックってツマンナイと偏屈モノは思うのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ