今上陛下七十歳制

2017年5月23日
天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」との発言があり、さらに『被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀だけを続ければ退位する必要はない』との主張が展開されたそうです。

これに対して宮内庁幹部は、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と語っています。しかし、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」ってどれだけバカな有識者が言っているのでしょう?「続くこと」と「祈る」こと以外の公務の多さが問題となっているのに、それ以外は役割じゃないと・・・。

そして、やはりこれがもっとも重要なポイントである”一代限りの退位”という愚案。なにか他の意図があるのかもしれませんが、”嫌がらせ”としか思えません。今上陛下がご自身の一代限りの施策を求めるている・・わけありません。これから先の”天皇”を慮っているのです。有識者は、天皇はヒトではなく”神”であって欲しいのでしょうが、”神”は神話の中にしか存在しません。このヒト達、いったい何の有識者なのか?それともこれにも安倍チャンの思惑が絡んでいるのか?

天皇陛下の引退ってそんなに難しいことでしょうか?どうしても天皇陛下でなければならない公務って、国会の開会や大臣の認証(任命書を渡すやつ)ぐらいでしょう?それ以外は政治家や各団体の”ハク付け”で、それこそ自分等の欲望の充足のために引っ張り出しているだけでしょう?それで引退の制度化もダメって・・・オマエラ鬼か?

何度も書いていますが、天皇陛下は”ヒト”なんです。”ヒト”が”ヒト”らしく生きていく。なんでこれを否定できるのか?天皇陛下を敬っているかのような輩が、天皇陛下を”ヒト”とせずこき使おうとしている。「宮中祭祀だけ続ければ・・・」って、”現人神”時代の再来を狙っているのか?バカな有識者メ!「今上天皇七十歳制」でいいんじゃないですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ