考える余地

 ワタシは余計なお世話と思いますが、インターネットでよく覗くページ、買ったもの、クリックしたページに関わるものが、こちらの意図に関係なくページのあちこちに顔を出す技術キライです。例えばお米を買えば、お米を売っているページの案内がアチコチに・・・といった具合となっています。ホント余計なお世話で、決めつけるな!と思いませんか?

 ワタシ、あまりYouTubeに嵌らないようにクリックを控えていますが、最近YouTubeを開くと1/3ほどがネコの動画となってしまっています。ネコには勝てません。そう、ネコは見てしまうのです。ここに出てくるネコは、自分のことをネコではなくヒトと勘違いしているかのようにヒトっぽくて・・・ネコには敵いません。

 ワタシ、ネコが好きで、鳥が好きで、遭遇するとつい見入ってしまい、時間が許す限り観察します。すると、ヒトと他の生物との違いは何だろうとたまに考えたりします。もっと近い存在で、ヒトとサルはどう違うのかと考えます。アフリカで誕生しサルから進化したヒト科の生物と、進化しなかったサルとの違いはと考えるのです。

 とある本に、バラバラの分野の本を濫読しますので、どの本にあったのか不明ですが、面白いことが書いてありました。それはヒトの特長についてです。ヒトがジャングルを歩いていて、妙な形の木を見つける。何に使えるか用途は不明だけど、何かの役に立ちそうだとヒトは考える。それですぐには使えないものを持ち帰る。これがヒトの特長だそうです。

 これは要するに、将来的に使えるかもしれないという”考える余地”を持つか、持たないかじゃないでしょうか?ネコは隣家のスリッパを咥えて帰ってきますが、ネコが将来的にスリッパの利用を考慮しているとは思えません。冬眠する熊が食物を蓄えるのは将来的に食べるもので、必要なものだから”考える余地”はありません。ヒトには蒐集癖というものもありますが、これは欲望と二人連れですので、これも対象外です。

 何でもため込んでしまう性癖のヒトは多くいて、「これ何?」と親に叱られた経験を持つヒトも多くいます。モノを捨てられないヒトも多くいて、おそらくこれは、後々の”考える余地”に期待を持っているためでしょう。拾ったものが、ゴミと思われたものが役に立つ。これは楽しいことです。

 こう考えてくると、”考える余地”って重要なことですね。”考える余地”があるから、ヒトは争うことなく物事を解決できます。”考える余地”があるから、他人を慈しむことができます。”要る””要らない”、”やる””やらない”、”スキ””キライ”。単純明快で分かりやすくていいけど、そこからは何も生まれないでしょう?”余地”を持つことが大切なのではないでしょうか?ヒトですもんね。
スポンサーサイト

コメント

No title

21世紀になったあたりから「AかBか」みたいな思考が蔓延するようになっていますね。
AとBの間に無限の領域があるのが本来の日本的思考だったと思うんですが・・・。

No title

瑞閏さん、こんばんわ~。

ワタシ、カメラ屋さんに勤めていたとき上司に叱られまして、そのときのセリフが「なんで千円値引きするんだ?オマエの頭に500円や600円はないのか?」でした。あまり関係ないようですが、割り切りやすさを考えるとバァ~ンといっちゃうのです。

バァ~ンと言っちゃうのはカンタンでやりがちなことですが、カンタンにやることがそれほど重要なのかです。世の中、合理性ばかりではなく、非合理も頭の片隅に持っていたほうがいいんじゃないかと思うのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ