案外な時代

2017年5月8日
ちょっと前のこと、所用を済ませた帰り、時間があったので駅中の本屋を覗きました。どんな本があるのかスゥ~っと見て回っていたら、ある本で目が止まりました。中公新書の「応仁の乱」で、著者は呉座勇一(こざ・ゆういち)さんです。

この本、ケッコー売れているようで、イヤ売りたいようで、手書きのPOPが付いていました。ワタシへそ曲がりでして、ベストセラーだと分かると買いたくなくなります。でもなぜか、ホントに売れているのかと訝りながら買ってしまいました。もともと新書は好きで、というか積極的に買う本は新書でして、ちょっと専門的な内容で、読みやすくて、買いやすくて・・・新書が一番と思っています。

それで「応仁の乱」ですが、この時代のことは何も知りません。将軍は「北条」だっけ?「足利」だっけ?のレベルで、まぁ知らないから惹かれたのでしょう。この本は興福寺の2つの派閥、一乗院と大乗院のですが、この大乗院のトップとなった2人の僧が書き残したものを主体に「応仁の乱」を解説しています。

しかし「応仁の乱」は登場人物が多すぎて、紛争が多すぎて大変です。その基となっているのが足利将軍の非力さで、有力大名が幅を利かしていたり、先の興福寺が大和(奈良)の大部分を所領としていたりで、足利将軍が弱すぎたのが一因です。そうした上に”下克上”の風潮が蔓延して、大乱となったのです。

どうしても人気は信長から家康までの戦国時代や幕末に集まりがちですが、この「応仁の乱」も権謀術数や豪傑の話しなどが多くありそうで面白そうです。一度サラッと読了したのですが、細部がこんがらがっています。まだまだ混沌としているのですが、混沌を読み解きたくなる本です。

この「応仁の乱」、2度読みしなくては難解なのですが、畠山義就(よしのり)や斉藤妙椿(みょうちん)といった興味深い人物もいて、
室町時代って案外とオモシロイ時代だったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ