同じ構図

2017年4月27日
やりそうで、やらない。イヤやられたらタイヘン、やったら一気に戦争に突入してしまう。そう、北朝鮮のことです。しかし北だけでなく南もヤッカイだし、中国もロシアも、米国だってヤッカイはヤッカイで、なんだか世界中が息苦しくなっていますね。

作家の室井佑月さんの、現状の北朝鮮問題に関しての記事を目にしました。そこで安倍チャンの「いかなる事態でも国民を守り抜く!」との言を取り上げ、『ただの軽々しい言葉でしかない。』と見破っています。まさにその通り。なぜなら、小泉政権以降の北朝鮮外交はほとんどナッシング、何もやっていません。米国や韓国からの情報を鵜呑みして、自らの目では何も見ておらず、北朝鮮の状況を何も知らず「国民を守り抜く!」なんて、ただの空念仏です。

次に、危機を煽る政権やマスコミを批難しています。安倍チャンの「北朝鮮はサリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」というやつですが、これってイラクを襲った(開戦じゃない、一方的に攻撃した)ブッシュ政権と同じ手口じゃないですか?大量破壊兵器がナンチャラって理由で、イラクを蹂躙したのと同じです。(マイケル・ムーアが「華氏911」で描いている、恐怖の押し付け、政府が恐怖を撒き散らし攻撃の大義として、ブッシュ関連企業が陰で大儲けの構図です。北朝鮮も同じか?)

米国のイラク攻撃の結果、多くの罪のないイラク人が犠牲となり、多くの若い米兵が悪魔の手先となり、後遺症とともに多くの怨みを双方に根付けました。今回は、サリン付き爆弾を落とされる前にやっつけろ!と煽っています。そこで怖ろしいのは、米国の911に代わる日本の911で、攻撃を正当化する”代償”です。(北朝鮮のテポドンで東京タワーやスカイツリーが爆破されたら、即座に報復となるでしょう。この場合の東京タワーやスカイツリーが”代償”となるのです。)

ブッシュは無能・無知と言われながらも、膨大な利益を自らのグループのため確保しました。その陰で、多くのイラク人が、多くの米兵が戦死したり傷つき病んでいます。同じことが、この国で起こりえる事態となっています。「国民を守り抜く」よりも、まずは北朝鮮と対話する努力を尽くせよと思うのです。対話がゼロではオカシイでしょう?いまさらでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ