刻苦の民

2017年4月20日
ヒトの言動や組織の実態などを見て、咄嗟に「このバカタレ!」と反応することは、世の中ソウソウありません。それが政治家と官庁にタテ続けにありました。政治家は安倍チャンで、官庁は文科省です。

まず安倍チャンですが、このバカ「私が申し上げたことを忖度していただきたい」と言いやがったのです。とある商業施設のオープン式典でのことですが、内容は他愛ない地方の名産品についてで、各地の名産品を挙げたあと「残念ながら山口県の物産等々が書いてありませんが、おそらく(店頭には)あるんだろうと思います。よく私が申し上げたことを忖度していただきたい」とノタマッタのです。

「喉元過ぎたら・・・」を実践したつもりでしょうが、もう過去のこととしたいのでしょうが、森友”忖度”疑惑はなにも終わってはいません。野党がモタモタしていますが、安倍チャンやバカ嫁の疑惑はまったく判明していません。余裕をカマしているのかもしれませんが、国民や野党をバカにしすぎてはいませんか?

次は文科省ですが、文科相のバカは「先輩証」です。文科相を退職したOBに対して、「先輩証」なる証明書を発行していたそうです。(省庁のやることか?)そしてこの「先輩証」を携行すれば、堂々と庁内を闊歩できるそうです。まぁ省庁ですから誰でも自由に闊歩できるワケはなく、それなりの関係者しか出入り自由じゃないでしょう。それじゃ「先輩証」を入手できた一部の先輩を出入り自由にする理由は何でしょう?

文科相はいま天下り斡旋疑惑じゃなく、天下り斡旋事業で問題となっています。斡旋事業を省を挙げてやっていたワケで、その打ち合わせのための省内出入り自由の「先輩証」だったのでしょう。しかし、いくら鼻薬や口利きが横行する、フツ~のこととなっているとは言え、なにも省内で打ち合わせする必要はないでしょう?でも省内でやりたいと、だから「先輩証」を発行しなければならなかったのでしょう。バカですね。

どちらの件も「バカじゃん?」の一言で済まされてしまいますが、どちらも国民の税金で、国民の付託を得ているとばかりに好き勝手やっています。今、国民と打ったつもりが「刻苦民」となってしまったのですが、ホントに国民は刻苦の民でして、ホントはバカな話しでは済まないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ