他人の権利

2017年3月22日
ノッケから謝りながら書き出します。今回も古い映画の話しで申し訳ないのですが、1969年の米国映画「イージー・ライダー」です。60才前後の方なら「オォ!」となり、「どんな映画だっけ?」となります。観たようで観てないような、とても不思議な映画です。

ワタシも同様でして、観たような記憶があってもストーリーが思い出せません。ステッペン・ウルフの「ワイルドで行こう!」を聴くとさらに「ウン、ウン」となるのですが、ストーリーが脳ミソに残っていないのです。お店でDVDを手にして、「いまさら」と「観たっけ?」が錯綜して、「エィッ買っちゃえ」となったのです。(後で調べたら観ていました。ワタシのベータコレクションにありました。)

でもこの映画とてもよく出来ています。でも衝撃的なラストシーンで、コマゴマとした、チリバメられた言葉を見逃してしまうのです。それとジャック・ニコルソンが出ていて(なんでこれ忘れるか?)、作中、ジャック・ニコルソンとデニス・ホッパーの会話があり、ニコルソンのセリフがこの映画のテーマを語っています。ちょっと抜粋します。

「(アメリカが)怖がっているのは、君が象徴しているものさ。君に自由を見るのさ。」「自由を説くことと自由であることは別だ。カネで動くものは自由になれない。」「アメリカ人は、自由を証明するためには殺人も平気だ。」「個人の自由についてはいくらでも喋るが、自由なヤツを見るのが怖い。」と野宿の焚き火の前で喋っています。

「イージー・ライダー」は自由なヒッピーを描いています。自分の自由は尊重されるべきだが、ヒト(ヒッピー)の自由は煩わしくて、自由なヤツを見るのが怖い。恐怖が暴力となって噴出する物語です。自分の自由じゃなく、ヒトの自由、ヒトの権利を尊重できるのか、これ未だに人類のテーマですよね。しかし、50年前のアメリカ南部がそんな状況だったとするだけではなく、50年で世の中は変ったのかが重要です。例えば、ネット世界でときおり見られる炎上には、ヒト(他人)を認めない偏った自由が氾濫しているようですが・・・。

この映画、アメリカン・ニューシネマの最高峰との宣伝文句や非情なラストシーンで印象が薄まってしまいますが、映画そのものがとてもイイ出来です。映像も、セリフも、音楽も、役者も、どれも見事です。(因みに、監督はデニス・ホッパーなんですね。)しかし世の中は、ヒトの認識は50年くらいでは変らないということでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ