2つの愚問

2017年2月28日
日一日と春が近くなってきています。ようやく強い風が吹かなくなってきて、日差しに温もりが感じられる昨今、いかがお過ごしでしょうか?(手紙の出だしか?)

暖かくなることとは関係ないですが、ワタシ、数年前から2つのことに拘っています。それはこれまでのワタシの人生にはなかった疑問でして、一つは「この世の中に同じものは無い」と、「モノは消えてなくなる」ということで、何言っているのというレベルのお話しです。この世の中には同じものはゴマンとあるし、モノが煙のように消えるわけないと思いますもんね。

たぶん、養老(孟司)さんの本にあったと思うのが「この世に同じものは無い」ですが、同質で同等なものが大量に生産できる世の中ですから、同価なモノはいくらでもあります。それじゃなぜ「同じものは無い」のか?ヒトで言えば「同じヒトはいない」は納得で、顔や声や身長や体重、もちろん指紋と違いは多くあるけど、これらは全て細胞の違い。差異は細胞の元である分子や原子の違いで、視点を分子や原子のレベルとすれば、どんな工業製品でも差異はある。すなわち「同じものは無い」・・・。

次の「モノは消えてなくなる」ですが、我々は縄文杉や太古の奇岩などといったものを知っていて、何千年も何万年も消えないと思っている。でも「モノは消えてなくなる」と言う。この疑問は東北大震災の放射能騒ぎの時から、正確に言えば「物質の半減期」との言葉を知ってからです。あるモノは数日で、あるモノは数万年で半減期となり、物質(モノ)はホントに消えてなくなります。

「モノが消えてなくなるものか!」とのセリフはよく聞くもので、「消えてなくなる」は理解しづらいことです。でもナフタリンは1~2年で”消えて”なくなります。平安から鎌倉の時代に、正式な名称は知りませんが、ヒトの誕生時から幼年期、成人、壮年、老年、死、腐敗、消滅を描いた絵図があります。(今でもお寺によってはあるようです。)9つの衰退を表した絵図で、この絵の言わんとすることは、どんなヒトでも”消えて”無くなるということです。

この2つの愚問、なんでこんなことを考えるのか自分でも分かりませんが、「同じモノは無い」と「消えてなくなる」はケッコー重要なポイントではないでしょうか?「どこにでもある」と「いつまでもある」では、生きていく張り合いが全然違うような気がします。な~んちゃって!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ