左折優先

2016年12月14日
世の中には知らないこと、忘れてしまっていることがいっぱいです。先日、元オマワリさんだった知人と話していましたら、えぇ~!と驚くことがありました。

交通法規の話しで出てきたものですが、まずは2段階停止というもの。これ昔々、原付バイクに乗っていた時に捕まったやつだと思い出したのですが、すっかり忘れていました。つまり、枝道から本道に入る際、最初に停止線で止まって、次に合流の確認のために止まるというやつです。これ、バイクばかりでなく4輪車も同じで、停止線と合流確認で2回止まらないと違反になるとのことです。2段階停止ご存知でした?

もう一つは「左折優先」です。駐車場や建物に入ろうとするとき頭に浮かぶのが「左折優先」で、左折車が先に入れると思っていましたが、これ間違いだそうです。元オマワリさんが言うには、「左折優先は3つの場合しかない。(左折優先の)標識がある場合、交差する道路の片方の道路に交差点を横断する中央線がある場合、交差する道路の幅に2倍以上の差がある場合。この3つしか「左折優先」ではないとのことです。

この「左折優先」知っていました?駐車場や建物に入る際、「左折優先」なんてカンケーないのです。イヤ「左折優先」じゃないのです。でも、おそらく10人中7~8人は「左折優先」と思い込んでいるのではないでしょうか?2段階停止といい、左折優先といい、なぜ理解されていないのでしょうか?

まだまだ誤って理解されている交通法規はいっぱいあると思いますが、この理解度の低さは大問題じゃないでしょうか?理解していないということは、違反じゃないと自信を持って運転しているということです。そういうヒトが多いと、本当の交通法規を順守するほうが危ない運転となってしまいます。

運転免許更新の際は交通事故のビデオばかり見せられますが、警察はこうした交通法規の誤解例を良く知っているでしょうから、まずは誤解を解く、正しい交通法規の啓蒙に注力するべきじゃないでしょうか?ただ知人の話では、交通法規はあまりにも細分化されていて、オマワリさんでも覚えきれないと・・・。取締り側が理解できてなく、ドライバーは誤解している。怖ろしい現実ですね。
スポンサーサイト

コメント

No title

二段階停止は知りませんでした(笑)。
本道に入る直前には安全確認頼のために停止しますが、
そもそも停止線は手前にあるので、
あまり合理的ではありませんね。

No title

瑞閏さん、こんばんわ!

左折優先知ってましたか?ワタシの周りのヒトは誰も知りませんでしたよ。2段階停止もほぼ全滅でしたよ。

他にもまだまだあるんでしょうけど、啓蒙しようとする動きはないですよね?左折優先の誤解では大事故も起こりうるわけで、少しずつでも啓蒙していくしかないと思うのです。まっとうでしょう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ