皆殺しの時代

2016年5月29日
オバマ大統領が広島の平和公園で献花してメッセージを読み上げました。すぐ後に安倍チャンもメッセージを読み上げましたが、1回だけちょろっと聞いただけですが、オバマ大統領は格調高く平和の理念を説きましたが、安倍チャンは米国賛歌を、オベンチャラをタラタラつなげたという感じでした。

オバマ大統領のメッセージは格調高く良かったと思うのですが、理念、言い方を変えれば理想的な屁理屈ばかりでした。あっそうか、彼の任期はあと半年、半年で実施できること、道筋をつけることはないでしょうから仕方ないことでしょうか?広島に来て、メッセージを残した。これで充分じゃないでしょうか?

オバマ大統領の広島訪問ですぐに挙がったのが”謝罪”問題でして、メッセージに”謝罪”を盛り込むとか、入れないとかいろいろ言われていました。日本の歴代首相は永年、韓国や中国やアジア諸国に対して、先の戦争責任についての”謝罪”談話を残してきました。これはまだ続くことでしょう。でもこれは日本が敗戦国だからで、戦争責任を負っているからで、戦勝国である米国の大統領に”謝罪”を求めるのはスジが違うのではないでしょうか?

原子爆弾の使用は確かに人道に悖る行為であることは間違いないことですが、それは現代の、平時だから言えることです。現在の人道に関する倫理観を70年前の戦時に当てはめるのは、無理があるのではないでしょうか?原爆投下は自国民を守るためには過剰すぎる攻撃とは思いますが、戦時には戦時独自の狭隘な理念があり、それが罷り通る時代だったのです。

日本人の戦争観に”皆殺し”はほとんどなく、あるのは敵将一族の”根絶やし”くらいです。日本の戦争は領民を”皆殺し”にすることはなく、領土を焦土と化すことは歴史上ないのです。でもこれは世界では例外です。世界では、今でも戦争難民が発生しているのがその証拠で、なぜ難民と化すのかは”皆殺し”になるからです。

現代でこそ非戦闘民を殺してはいけないとなっていますが、かつての世界では敵国民を”皆殺し”するのは戦争の常道だったのです。今だって南スーダンやシリアは”皆殺し”です。だから、オバマ大統領に”謝罪”を求めるのは的外れなのです。おぉ~っと、こっちも的外れになってしまいました。なにを書くのか忘れてしまいました。・・・今日はこんなところで。
スポンサーサイト

全みえる化

2016年5月25日
個々の事例にさして興味があるわけではないのですが、元兵庫の県議にしても、都知事にしても、民進党の政調会長の女性にしてもですが、何を買ったとか、何に使ったなんかキリがなくて・・・。どうでもいいんです。

問題はその根っこで、なぜいつまでも税金がいい加減に浪費され続けているのかなのです。そりゃ政治家に活動費は必要でしょうが、なぜその乱費がいつまでもノーチェックなままなのでしょう?制限一杯の交通費、通信費、資料ナンタラ費をいつまで放置するのでしょう?

まぁ政治家だってヒトですから、通信費はいくらまで、交通費はいくらまで、事務所経費はいくらまで(制限なしか?)となると、全部いただかなきゃとなるでしょう。マスゾエは○○費じゃなくて、財布から出るお金はすべて政治活動費と拡大解釈して晩節を汚していますが、これは明らかに制度に不備があるのです。

政党助成金という制度があり、税金から多額の助成金が政党に流れています。この制度は”政治には金がかかる”を肯定して、条件を満たした政党を助成しています。ということは政党に所属している政治家は、この助成金と○○費の両方を貰っているわけです。ダブルインカム・ノーチェックな状況になっているわけです。財源はもちろん我々の税金ですよ。(民進党は溜め込んでいるようですが・・・)

政党助成金も問題ですが、もっと問題なのはノーチェック、使い放題になっていることです。マスゾエはもう既に死に体ですから、彼の乱費はドンドン暴かれています。ん?各政治家の政治活動費はその気になれば調べられるのですね。それじゃ全ての政治家の活動費の使用状況を、公然に曝け出すことも可能なんですよね?

国民は、税金を滞納すると銀行口座を止められて強制的に徴収されます。それと比べると、使った活動費を公表することくらいどうってことないでしょう?政治活動費の全て明らかにする。”全みえる化”をやったほうがいいんじゃないでしょうか?だって税金なのですから・・・。

韜晦(とうかい)

2016年5月20日
なにか鬱陶しいですね。なにがかって?そう都知事です。なにが第三者に調査を委託するだか?まるっきり状況を読み違えています。真実は既に明らかになっていて、焦点はどのように謝るかなのです。素直に「調子コミました。ごめんなさい。」が一番いいのです。

たったそれだけのことなのに、もう誰も都知事の政治手腕なんぞ期待していないのに、なにを恥の上塗りをやっているのでしょう?真実は「マスゾエ、セコイ」「マスゾエ、小汚い」と決まってしまい、第三者とかの問題じゃないのです。そう法律上の良否じゃないのです。

これが今の世の中の怖いところで、世間で大勢を占める意見、レッテルが決まってしまったこと、こうしたことが事実じゃなくとも事実より重い現実となってしまいます。そうなったしまったら、世評を覆すことは困難です。そう今の世の中は、どうやって世評を固めるかが最大重要事項となっているのです。

それでいまや、この最大重要事項の盗り合いで世評が決まってしまうのです。都知事=セコイは簡単な世評の定着でしたが、本当に重要なことはとても韜晦(とうかい)に遂行されています。韜晦とは目を晦ませるという意味ですが、よく引き合いに出しますが、国の財政でなぜ歳入を上回る歳出をやるのかという疑問がありますが、コレ既に常識となっていて、これこそ韜晦です。

同じように韜晦となっているのが政治資金で、もう既に政治資金規正法を厳密に守っている政治家はいないでしょう。そして悲しいことは、既にクリーンな政治家はいないと国民が諦めてしまっていることです。そうなると次に来ることは”対立”となります。政治家は政治家、国民は国民という隔離した存在となり”対立”してしまうのです。

なにかそういう世の中が近づいているようです。だからその場過ごしでしかない謝罪はするなと思うし、まずは本音を吐かなければならないと思うのです。本音を吐けばギクシャクする。でもギクシャクからしかなにも進まないんじゃないでしょうか?韜晦されるのはイヤでしょう?

息子の友達

2016年5月17日
世の中には滅茶苦茶ボロイ商売があるものです。商売ですから何かの労役の報酬だと思うのですが、具体的に何をどうやったとか、誰に対してどんな働きかけをやったとか、エビデンス(証拠)はちゃんとあるのでしょうか?だって報酬が2億2千万円なのですから・・・。

こんなQ&Aがありました。Q.契約書そのものは存在しないんですか?A.「契約書は保存されていると思います」Q.どこに?A.「JOCにはございません」「正確な場所は我々も聞いていません」。これQが民進党で、AがJOC(日本オリンピック委員会)の幹部です。こんな調子でまったく責任感がありません。2億2千万円も支払っているのに・・・。

コレがJOCが社名も言えないような会社に、コンサルタント料として2億2千万円を支払ったとされる”事件”です。コレ充分”事件”です。だって2億2千万円は税金なのですから、税金の支出理由と支出先が不透明で、その領収書の所在さえ明らかでないのですから、充分”事件”です。まぁJOCという組織が金銭感覚が皆無なのはそんなものかと思いますが、民進党の手緩さも相当なモノですね。

国際陸連関係者の息子と関係のある会社、これが現在明らかになっているコンサルタント会社です。関係という単語が2回も出てくる会社と、フツーのマトモなヒトは取引なんぞしませんよ。どんなアマチャンなんだか?いやアマチャンで済むことじゃなく、”還流”、リベートが疑われてトーゼンでしょう?フツーの金銭感覚があれば、こんなバカゲタことはなく、つまり、税金という感覚がまったく欠如しているということです。

FIFA(国際サッカー連盟)もIOC(国際オリンピック委員会)も、利権にまみれていることはいまや世界の常識です。そんなところに、関係の関係、関係者の息子の友達なんて、そんな怪しい会社をよく探したもので、よくそんな会社に引っ掛かったものです。なにがJOCだか?恥ずかしくないのか!

この件で思いつくのは垂れ流し公共工事で、なんでもいいから税金を無駄遣いしようとする姿勢です。今からでも遅くない。世界に恥を晒してもいい。東京オリンピックやめろよ。こんな金権まみれの、こんな税金垂れ流しの、怪しい連中ばかりのオリンピックそのものをやめろよ!(それにしても昨日の地震は怖かった。)

謝るな!

2016年5月14日
このところ謝罪という言葉をよく目にします。都知事などの政治家、企業経営者や芸能人ですが、でも謝罪とは罪を認めて謝るのですから、政治家や芸能人が罪を認めているとは思えず、それじゃ何に対して頭を下げているのか、そんな疑問を持ってしまいます。

例えば都知事さん、知事が都政にどれほど関わっているのか知りませんが、誰も彼が都知事になれば劇的に都政が変わると思っていません。キツイ言い方をすれば、都知事としてミットモナイこと、ヒトとして誤ったことをしてくれるなとくらいにしか思っていません。もう庶民が政治家に対して大きな期待をもつ時代は過ぎ去っていて、余計なことをするなとくらいにしか思っていないのです。

だから都知事の釈明はアゲアシ取りの対象としかなっていません。都知事自身の政治信条(そんなものがあるのか?)なんてどうでもよく、都知事なのになぜ外交に大金を散在するのか、なぜ規定の3倍も4倍もの宿泊費を浪費するのかに問題が集中してしまいます。そう、なぜそんな守銭奴になったのかが興味の焦点で、端から政治的な期待感なんてないのです。

だから都知事の釈明なんて意味のないもので、謝罪させること、謝罪するかしないかが注目されるのです。ところが都知事自身はこんなウマイ職業はないわけで、トーゼン辞める気はサラサラなく、謝罪しているフリをして、アゲアシを取られない意味不明な言辞を弄するのです。

芸能人の場合はもっと簡単で、番組のウメグサ(時間を埋めているだけ)でしかない存在に対して、まさか社会の規範を期待しているわけじゃないでしょう?だったら芸能人が不倫しようが、麻薬に手を出そうがどうでもいいことで、そんな謝罪なんてまったく意味不明、不要なものです。テレビ局は営利企業で、芸能人も営利しかないわけで、両者が仕組んだ謝罪劇なんてバカらしいだけです。

ヒトが謝罪する。ワタシはそんなものは見たくありません。政治家や芸能人の謝罪は保身と商売のためにやっているだけですから。なにか新しい”謝罪モノ”という社会現象のジャンルができそうで鬱陶しいですね。謝るな!
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ