協定の穴

2015年12月29日
前回の続きになりますが、慰安婦問題が決着したとの報道がありますが、一見、政治的には決着したかのように見えますが、その実はなにも決着していません。「最終的かつ不可逆的な解決」とはとても思えないのが今回の合意です。

日本側が10億円拠出して、慰安婦支援のための財団を作るとか、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像を撤去するとか言われています。しかし、合意、合意と言うけど文書はあるのでしょうか?文書のない合意は、特に特ア三国相手では空念仏、ないも同然じゃないでしょうか?

そして安倍チャンは「子供や孫にまで謝罪させることはない」と仰ったそうですが、何を根拠にそんなことを言えるのでしょうか?今回の合意とやらが守られるのは朴政権の任期のあと2年ほどで、後はどうなるか分からないのが常識じゃないでしょうか?

安倍政権は、今回の合意で「1965年の日韓請求権協定」はそのままで慰安婦問題を解決させようとしたのでしょうが、根本的な捉え方が間違っています。韓国の日本に対する全ての請求権は日韓請求権協定で解決済みであるなら、方法は何であれ要求に応えてはいけないのです。要求に応えるということは、自らが「1965年の日韓請求権協定」に例外を設けることとなるのですから・・・。

要するに、安倍政権は”お金”で解決させようとしたわけですが、これは大変な負の連鎖を招いてしまう最悪の手法です。もうお分かりでしょう?そう、早くも台湾が慰安婦問題の解決を求めていますし、中国にも同じ動きが出てきています。「なんだ、お金出すのか?」と足元を見られたわけです。ひょっとしたら、東南アジア各国で同様の動きが出てくるかもしれません。

先日書いたように、補償金にしろ拠出金にしろ、お金を出すためには協定を改正するしかないのが道理です。その道理を自らハズして、なにが基金の拠出金だか?歴史認識がどんなに食い違おうが、トコトン協議する。そんな気概なくして、税金バラマキでカッコーつけんじゃないよ!・・・と思うのです。

(とうとう本年最終のブログも愚痴となってしまいました。おバカな話で終わりたかったのですが・・・。)
スポンサーサイト

葬儀ビジネス再考

2015年12月27日
50万円ほどの出費が3万5千円で済む。これなんだか分かりますか?これ(株)みんれびが行っている、葬儀に読経する僧侶を派遣する「お坊さん便」というサービスです。

確かに葬儀での読経、宗派によるでしょうが葬儀の際には3回ほど経が読まれますし、戒名を付けてもらう、お墓に埋葬するといった手順があり、大凡の額でお寺だけで一式50万円くらいはかかるでしょう。それが1ヶ所での読経だけで3万5千円は、ありがたい、興味深いサービスです。

葬儀のやり方は、喪主サイド、お寺サイド、視点によって捉え方は様々です。でもこれをお金の問題だけで勘案すれば簡単で、見栄も外聞も無く安く上げる、目いっぱい見栄張って豪勢にやる、どちらでも可能です。そう考えれば、超節約の「お坊さん便」はアリじゃないでしょうか?

ん?信仰心はどうした?宗教心はどうした?とお思いかもしれませんが、現代の葬儀は死者のためでなく、生者の区切りのために必要なものです。葬儀の起源云々は置いといて、現代は葬儀と寺社が密接に繋がっていますが、葬儀にお寺(僧侶)が必須かと問えば、確たる答えはあるのでしょうか?宗教心の欠如と、カンタンに済ませられるとも思えませんし・・・。

ざっくばらんに書けば、お寺が葬儀の一切を取り仕切る決まりはないわけで、アルバイト僧侶であろうとイッコーに構わないわけです。だから「お坊さん便」もありで、仏教界が「宗教行為をサービスとして商品にし、宗教に対する姿勢に疑問と失望を禁じ得ない」とは言えないし、さらに「イスラム教圏であれキリスト教圏であれ、宗教行為を商品化している例はない。」と言っていますが、この国の現代の僧侶が言えることでしょうか?

葬儀が僧侶のビジネスとなっているのに誰も疑問を感じない、もうそういう時代となっています。「お坊さん便」サービスに対する仏教界の反発は、葬儀の商業化によって宗教法人の、現在の非課税とされている”お布施”に変化が起きることを慮っての反発なのです。

「お坊さん便」ってとんでもないビジネスでしょうか?ワタシャ、葬儀ビジネスにアグラをかいている僧侶、お寺のあり方のほうが問題じゃないかと思いますが・・・。

最終決着

2015年12月26日
なんでも来る28日の日韓外相会談で、日本政府は慰安婦問題の最終的な解決を提案するそうです。ん、最終的な決着?なんで最終的な決着なの?

最終的決着とは日韓間で合意文書を交わすことを意味していて、その中に「最終かつ不可逆」な合意であることを明記するらしいです。そして日本の提案を韓国が受け入れれば、元慰安婦への人道的支援を行う基金を創設するらしいです。らしい、らしいで恐縮ですが、なにせ提案段階ですから憶測が正解です。

最終、最終と随分と決着を強調していますが、これで決着すると思っているのは余程のオヒトヨシじゃないでしょうか?この問題で”そもそも”と書き出すと論調は決まってしまいますが、そもそも日韓基本条約で決まっていることです。最終決着と言い出すこと自体が、すでに韓国の術中に嵌っているんですけどね・・・。

国の憲法や国家間の条約を順守するのは法治国家の基本でして、これを覆そうとするのなら条約を改正しなければなりません。しなければ違法行為ですから。でも安倍政権は、憲法改正をしないで解釈で憲法を曲げることを得意としていますので、日韓基本条約も同じように改正を経ず、新しい解釈を加えようというのでしょうか?

慰安婦問題は人道的な不法行為というけど、それは戦時の状況で起きたことを、それをそのまま、イヤ強制とか従軍とかオヒレを一杯つけて、現代の問題として蒸し返すのはオカシイことです。現代の基準を振り回してはいけないのです。日本政府が人道的支援のための基金を創設するというのも、余計なことじゃないかと思うのですが・・・。

だから最終決着なんてないのです。解決済みは解決済みで、ハッキリ言い切ればいいだけです。それでもやりたければ、日韓基本条約、日韓請求権協定を見直す。条約改正から始めるのがスジでしょう?いつまでも小手先でかわそうとするんじゃない!そりゃ安倍チャン達は5年後や10年後は知ったことじゃないでしょうが、最終決着はゾンビを生き返らせることでしかありません。

幸福追求権

2015年12月22日
性同一障害に関する諸々の動き、行政の対応や訴訟沙汰などを最近よく聞くようになりました。ヒトはヒトとして生きていく権利がありますから、いろんなヒトがそのヒトなりの主張をするのはいいことだと思いますが・・・。

大阪のフィットネスクラブで40才台のヒトが、入会当初は”男性”として登録したものの、3年後に性別適合手術を受けて日常生活を”女性”で過ごしていて、クラブの女性用の更衣室やトイレを使えるかと確認すると、「戸籍上の性別も変えないと無理」と伝えられました。こうした”男だ””女だ”の遣り取りが幾度かあり、このヒトは「クラブ側の対応は自ら望む性別で人間らしく生きる権利を妨げ、幸福追求権を保障した憲法13条に反する」として訴訟を起しました。

性同一障害のヒトや、いわゆるLGBTといわれるヒトを差別しちゃイカンと思っています。思っていますが、こういう問題を聞くと単純にイカンと思えなくなります。正直な感想を書けば、このヒトを「鬱陶しいヒト」と思ってしまいます。なぜなら、”男性”として入会しているのであって、戸籍を変えるまでは”男性”であって、クラブを利用するのであれば”男性”で通すしかない。・・・これ普通のことだからです。

「自ら望む性別で人間らしく生きる権利を妨げ」と言いたいのでしょうが、大きな勘違いというか、逆転した考えを持っているのではないでしょうか?自らの望む性別もケッコーですが、クラブ側が憲法違反を押し付けているわけじゃなく、これが勘違いです。逆転しているのは、性同一障害である自分に、企業が自分の性別に合わせるのは当然として訴訟した点です。

問題の解決は簡単で、クラブを止めればいいんです。世の中にフィットネスクラブはそこだけじゃないでしょう。なぜそのクラブに拘るのか、そっちのほうがオカシイでしょう?確かに幸福を追求する権利はあるでしょうが、クラブ側にも客を拒否する権利があるのです。(全てのヒトに適合するサービスはないのです。)権利の主張は大事なことだけど、そのためにはヒトの権利はどうでもいい・・・じゃダメでしょう。

コジンマリがいい

2015年12月17日
「日本は人口減少に対応するため、総合的な移民政策を策定する必要がある」「さもなければ将来的に、外国人労働者の獲得競争で中国に負ける可能性がある」・・・これらは河野太郎行政改革担当相の言葉です。

おそらくこの言に同意するヒトも多くいるでしょう。でもワタシはこの考え方に反対です。この考え方は、現状の生活レベルの維持とか、より高いレベルの生活への希求が元となっていますが、これを日本という一国の目標として実現を目指すのは違う、危ないと思うのです。これは国家の拡大指向で、自国、自民族至上主義で、こういう指向は容易に他国や他民族の侵略に繋がり、容易にヒトの差別、国の差別と繋がります。

日本人は中国人の、中国を中心とする中華思想にウンザリしてますが、外国人労働者の獲得とか移民政策といわれるものは、他国民を自国民として受け入れるのではなく、他国民を使役することを意味しています。そういう国家の進展というか、国家の繁栄は、嫌っている中華思想と変わらないんじゃないでしょうか?

これに反対ということが、単純に国家の発展を否定しているわけじゃありません。国家の発展よりも、ヒトの生活の安寧のほうがワタシは第一義と思っています。19世紀・20世紀の、いや現代も変わっていないかもしれませんが、他国や他民族を、力であれお金であれ、使役に供するのは帝国主義の残滓としか思えません。

いつまでも拡大するとか、いつまでも伸張するとかいった考え方には限界があると思いませんか?いつまでも日本は繁栄し、いつまでもフィリピンやインドネシアは今のまま、そんなことはあり得ないでしょう。いつまでも膨張する国家や民族はなく、消(消えること)もあれば、長(繁栄)もあるのが国家であり民族じゃないでしょうか?だから思うのですが、調和の取れた縮小を目指してもいいんじゃないかと、安定した縮小や停滞もあるんじゃないかと思うのです。

もう一つとてもイヤなのは「中国に負ける」という表現でして、なにがどう負けるというのでしょう?GDPでしょうか?保有資産でしょうか?そんなものヒトが安寧に生きていくのに何の関連もありません。勝ち負けこそ中華思想でして、そんなものどうでもいいじゃないですか?
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ