”厭”安倍政権

2015年6月30日
世の中いろんな騒ぎが毎日々々起きます。新幹線の車内で火事(焼身自殺?)騒ぎが起き、箱根で噴火があったりしていますが、与党自民党周辺の騒ぎは、大ヒット作を生んだ作家や、選挙で上がってきた政治家が起したとは思えないお粗末な騒ぎです。

前回、作家先生のことを上げましたので次はバカ政治家ということで・・・。
大西某という2回当選の先生、勉強会で批判的なマスコミに圧力をかけろと、スポンサー筋から圧力をかけろと暴言、いや戯れ言を発しました。それで党幹部から厳重注意を受けたのに懲りもせずに、今日また反省の欠片もなく「間違っていない」とフンゾリ返っています。(与党議員としての自覚、また為政という言葉を知らないのでしょうか?)

バカはバカなりに、安保法制案を通すために道を作っているつもりかもしれませんが、それが安倍政権の姿勢や本音を曝け出していると気付いていないようです。まぁ安倍チャン自身もかなりオツムは緩いのですが、そこは総理、周囲が必死にカバーしているのでしょう。この大西某、その安倍チャンの尖兵として、殊勲をあげようと血眼なんでしょうが、もっと頑張ってください。政権の本音がボロボロ顕になって、宜しいんじゃないでしょうか?

確か、栃木の船田ナンタラが安保法制を推すために選んだ専門家が、揃いも揃って安保法制を「違憲」と断言したことが発端です。なにの発端かって?安倍チャンの戦争好き、米国追従政権の終結の発端です。いままではテレビ局の幹部を呼び出しても、議会で暴言を吐いても誤魔化してきましたが、やっとマスコミもバカさかげんに嫌気が差してきたようです。だから、終わりの始まりが始まったのではないでしょうか?

このところ自民党で法制局長をやってきた”元”法制局長の幾人かが、安保法制、集団的自衛権に反対を表明していますが、この動きも現体制の終結に繋がると思います。やっと”元”自民党関係者にまで”厭”安倍政権、イヤだよ安倍チャン派が出てきたようです。それでワタシ、”厭”安倍派が勝つと思っています。
スポンサーサイト

イイワケタレベェ

2015年6月27日
世の中には、自分に過失や勘違いがあったとき必ずイイワケを並べるヒトがいます。「あ~だった」「こ~だった」と鬱陶しく並べ立てます。そのイイワケがさらにドツボに、さらに悪感情を招くとも気づかずタラタラとやるヒトがいます。ワタシ、こういうヒトを「イイワケタレベェ」と云っています。

次の一文がイイワケタレベェのイイワケです。
「報道されている発言内容は事実だが、講演で言ったのではなく、講演後の出席議員との雑談のなかでポロッと出た軽口だった。
冗談のつもりで、本意ではない。出席者の誰かが『沖縄の人やメディアの意識はやっかいだ』と言ったので、それに答える形で『やっかいやなあ、つぶさんとなあ』とは言った。地元紙はほとんど読まないし、自分の悪口ばっかり書くからきらいだが、本当に潰さないといけないとまで思っていない。出版社や新聞社はアンタッチャブルな領域で、権力によって圧力をかけられるべきではない、とも思っている。」

ちょっと穿(ほじく)ってみましょうか・・。まず、講演で言ったことと雑談で言ったこと、言ったことに変わりはなく、雑談ならイイ・・・わけないだろう。次に、与党議員の発言に対して「やっかいやなぁ、つぶさんとな」と言ったのは、一般人との話しであれば冗談や軽口とも受け取れるが、与党議員が相手では冗談や軽口では済みません。

そして、次に出てきたのが決定的なウソです。「本当に潰さないといけないとまで思っていない」ってヘンでしょう?軽口で言ったのでしょう?ヒトは思っていないことは口から出てきません。だから軽口とイイワケしたのでしょう?もう一つのウソは、「権力によって圧力をかけられるべきではない」です。「つぶさんとな」は圧力以外の何物でもなく、それを圧力をかけうる議員の前で喋ったのでしょう?

イイワケがものの見事にドツボに嵌り、悪感情を煽っています。この方ホントに作家なのでしょうか?もう一度書きますが、ヒトは思っていないことは口から出てきません。思っているから、口にしたり、文章にしたりするのです。テポドン慎ちゃんの後釜を狙っているのでしょうか?ヤッカイなオッサンですな~。

浪費だぞ!

2015年6月25日
雷ゴロゴロ、雨ザァザァ。梅雨の降りかたじゃなく、まるで盛夏の夕立のような降りかたです。紫陽花の色を際だてる、しっとりとした雨はどこへいったのでしょう?

これを書いていたのは23日の夕方でしたが、友人からの長電話で中断して再開しようとしたら、WiFiがまったく点灯せず、まったくネットに繋がらず、24日は多忙で手が付けられず、やっと今日サポートデスクに連絡して、メチャカンタンに解決しまして(ナント接触不良)、2日ぶりにネットを開きました。

23日は夕方から21時くらいまでモノスゴイ雷と豪雨でして、ちょっと怖れをなしてPCの電源コードを抜いていました。それからWiFiが繋がらなくなったので、てっきり原因はその辺と思っていたのに・・・。雷が落ちたわけじゃないのに、なぜか雷原因説を採ってしまっていました。ワタシ単純なんです。

しかし、たった1日半でスパムメール550通です。英語と中国語らしき漢字モノが9割で残りは日本語のメールですが、まぁヤツラはプログラムを組んで一斉に何千、何万のアドレスに送信しているのでしょうが、このスパムを防ぐにはメール受付窓口を閉じちゃうしかないのでしょうか?まぁ開いていてもそうそうメールは来ませんが、スパム怖さに閉じちゃうのはイヤなんですね。ワタシ諦めが悪いのです。

先日散歩していましたら、茶畑に直径50cmで5mくらいに伸びた樹木に囲まれた一角があったのですが、この良く成長した樹木をユンボ(クレーンなのか、こうした建設重機の名前は一切知りませんが)で、ムシリとっていました。フツ~樹木は切り倒すと思うのですが、クレーンで挟んでムシリ倒しているのです。木材として売れるわけじゃない。ムシッタほうが手っ取り早いのだろうと推察できますが、力でねじ伏せる。まさにそんな光景でした。

なにかいろんなことが商売基準で、儲かるか否か、効率的か、そんな判断基準となってきていると感じられます。樹木はキレイに切り倒せば、売れる売れないは別として、次の利用が見込めます。ムシられてしまうと雷にヤラれたようで、ゴミにしか見えません。

アト・サキを考えずに、目先の勘定で大きな力で圧倒する。スパムメールはインターネットの資産を貪り、力ずくの開発は自然から賜った資産をゴミとする。どちらも資産の浪費、イヤな世の中です。

寓話じゃなく愚話

2015年6月22日
ガバチョ 「なんか今月末までに市役所に行くと30%得するんだってよ」
トラヒゲ 「なんだそれ?何の30%なんだ?」
ガバチョ 「いや商品券を買うんだけど、1万円買ったらそれで1万3千円の買い物が出来て、それで30%お得なんだよ。」
トラヒゲ 「ふぅ~ん、1万円が1万3千円になるのか?それどこでも使える商品券なのか?」
ガバチョ 「市内の多くのお店で、1ヶ月か2ヶ月くらいの期間使えるんだって」
トラヒゲ 「ヒャ~そりゃいい!現金かき集めて行くぞ!30%アップ!30%アップ!」
ハカセ  「ちょっと待ってください。ちょっと安直過ぎませんか?」
トラヒゲ 「な~に言ってんだ。30%も儲かるんだぞ!この町のお店だって売り上げが上がるんだぞ!」
ハカセ  「ちょっと考えてくださいよ。市役所が30%分を負担するんだけど、市役所のお金って税金でしょう?ということは、トラヒゲさんが払った税金をトラヒゲさんが貰うってことで、それは得なのでしょうか?それに町のお店の売り上げが上がるといっても、トラヒゲさん、ウメさんの洋品店で洋服買う?留吉さんの電気屋さんでテレビ買う?○ニクロとか○○カメラで買うんじゃない?」
トラヒゲ 「エェ~!そうか元はオレが払った税金なのか?それに町の小さな店では買わないよな~。なんかこれオカシイぞ」
ハカセ  「もう一度説明すると、もう払った税金とかき集めたお金で何かを買わせようという意図なんですよ。30%お得と聞けばサイフの紐も緩くなるけど、全部自分のお金を使っているに過ぎないんですよ。それで売り上げが上がるのは全国規模の大型店、大企業なんですよ。それでも30%アップがいいのですか?」
ガバチョ・トラヒゲ 「・・・・・・。」

ご近所で聞いた話を「ひょうたん島」風にしてみました。愚策ですね。

旗も歌も

2015年6月20日
3~4日前のことですが、文科相が国立大学の学長を集めて、大学の入学式や卒業式では国旗掲揚と国歌斉唱を求めました。小中高の学校はもともと学習指導要領で規定されていますが、大学では規定がないため、お願い?指導?となったようです。

これには伏線というか、前触れ?予告?がありました。安倍チャンが4月に「税金によって賄われていることに鑑がみれば、(愛国心などの涵養をうたった)教育基本法の方針にのっとって正しく実施されるべきだ」と云っています。

国旗掲揚も国歌斉唱も「どっちでもいい」派なのですが、見たことないけど「愛国心の涵養」って教育基本法に載っているのですか?また、愛国心は国旗や国歌で養われるのでしょうか?そして、「税金によって賄われる」と云われるとムカッときませんか?

式典は式次第で進められますが、校長の式辞や来賓客の祝辞と国旗と国歌は並べられています。これを重要と思うのは発信するほうで、聞かされる方は単なる過ぎ去る時間でしかありません。式が終わって式辞や祝辞を覚えているのはとてもとても少数で、式は参加することに意味があるだけじゃないですか?

しかし安倍チャン、ここでも憲法を無視しています。憲法は全ての国民に教育を受ける権利があるとしていて、税金で賄われることと教育とは関連ありません。安倍チャンが云っているのは、「金を回しているのだから云うことを聞け」でしかないのです。知性が足りないとは思っていましたが、品性も欠けてますね。

この問題は本来もっともっと深いものです。個人の思想や信仰の自由を憲法は謳っていて、これをトッパラッて愛国心を強要する。強要できるものじゃないけど、押し付けようとしています。安倍チャンは、国旗掲揚や国歌斉唱で愛国心が養われるとホンキで思っているのでしょうか?格差社会、経済優先、そして官尊民卑。こんな国では、旗も歌も意味ないでしょう?
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ