サクラのクニ

2015年3月31日
関東の各所で桜が満開となっています。近くをブラついていると、こんな所にもと多くの場所に桜があることに気づかされます。やはりこの国は桜の国なんですね。

この時期になると毎年書いていますが、ワタシは桜より梅が好きですし、花見はしませんし、酔客いや酔漢でごった返す場所には近づきたくありません。桜の下でのドンチャン騒ぎは無礼講と思っているのでしょうが、無礼講が無礼講で収まることはなく、なにかにつけ蒸し返される無礼の数々となります。

もう一つ桜が好きじゃないのは、これも以前書きましたが、ソメイヨシノが好きじゃないということで、葉桜や山桜はそれはそれでキレイなものと思っています。それなのに、町の所々、学校や役所などの公共施設、ヒトを呼びたい商業施設などではほぼソメイヨシノとなっていて、どこにもあるなぁ~となってしまいます。

毎年同じことを書くのはイヤなので新説(珍説)を・・・。
桜はその花の特性で、短期間で咲き誇ってすぐ散ってしまうという点で、日本人の心情に訴えるものがあると云われています。じゃ、片仮名のサクラはどうでしょう?サクラと書けばインチキの共犯者、片割れという意味となります。露店商の口上に乗って場を盛り上げて、稼ぎを増やすのがサクラです。

口上に乗って場を盛り上げる?稼ぎを増やす?・・ん?サクラってこの国の政治家か?この国のマスコミか?・・ん?サクラって絶妙なネーミングじゃないですか?口上は作られた世論で、その世論をサクラどもが恰も事実のように喧伝する。そして大衆は一夜のバカ騒ぎで溜まった鬱憤を晴らし、事の正否を見失ってしまう。桜とサクラは繋がっているのだろうか?

桜は春の幻影にしか過ぎない。幻影に惑わされるのは、この国民の宿亜(永い病、治らない病)なのかもしれないが、サクラは人為的なものです。桜の国はいいだろうが、サクラのクニになってしまうのは勘弁です。
スポンサーサイト

Guitar Rei

2015年3月28日
ジョニー・ウインター、ジョン・リー・フッカー、ベッシー・スミスそしてビートルズ。なんのことかといえば、Guitar Rei という女性が演っているアーティストです。なんとも凄まじい、なんとも好みな選曲であることか?ジョン・リーとベッシーはコテコテのブルースで、20才そこそこの女性が演るのがスゴイ!

FM 局の番組で2曲ほど演っているのを聞いて 即YouTube で探しました。ライ・クーダーやマイク・ブルームフィールドなどのギタリストは大好きですが、ギターテクニックについては詳しくないのですが、Guitar Rei メチャウマイと思います。彼女のギターテクニックには驚かされるのですが、ボーカルの力強さには唖然としてしまいます。ただただスゴイのです。

思わず6~7本あったビデオを全部見てしまいました。Guitar Rei という女性、なんでも米国在住が永いようで、英語の発音も英米人なみで、これこそ音楽の国際化の申し子なんでしょうか?しかし、なんでこんな年端も行かない娘がブルースなのかとっても不思議です。しかし、しかし、BLACK BANANA という曲で飛び跳ねる彼女の姿を見ると、これこそこれからの音楽、ブルースやソウルミュージックの新しい方向性なのかも知れまない・・なんて思いました。(BLACK BANANA のビデオクリップとってもいいですよ。)

タレントと云う言葉は”才能”ですが、Guitar Rei を見ているとホント久々に”才能”を見たような気持ちになります。50~60は洟垂れ小僧と云われるブルースの世界、そんな世界に才能豊かな若い女性が飛び込んできたわけで、だから音楽は面白い。だから世の中は面白い・・・のかな?

理と利と

2015年3月25日
どんな世の中にも自分の意に沿わないヒトはいるもので、どうやってコレを解決させるかによって、理が主か、利が主か見極めることが出来ます。ヒトとヒトとが話し合うことがもっとも重要なのに、ズ~っと面会を拒否する一団と、遠路はるばる出張ってくる一団とでは、どうちらに理があるかは一目瞭然ですけど・・・。

話し合いの場を持とうとしたのが沖縄県で、ズ~っと拒否したのが政府です。それで沖縄県は辺野古調査のための海底作業の全面停止指示を出したのですが、これに従わないのは防衛省の沖縄防衛局です。沖縄県も行政組織で、沖縄県知事は行政の長で、行政の長の指示を同じく行政である防衛省が従わない。これ前代未聞じゃないですか?

さらにこの問題は錯綜していき、海底ボーリングは漁業関連事項で管轄は農水省だとして、政府は農水大臣に裁量権を振るわせようとしています。これで沖縄を従わせる、押さえつけようとしているのでしょうが、これまた前代未聞の大愚策となるのではないでしょうか?

沖縄県知事という行政と防衛省にしても農水省にしても行政でして、行政対行政というとても珍しい対決となるのですが、この戦いは、いつも戦いは相手の弱点を突くものですが、行政が行政の弱点を突く形となって、行政が行政の弱点を晒すということになるのではないでしょうか?

この問題の起こりは中央省庁の沖縄軽視に端を発しています。これ原発問題と酷似しているのですが、原発の立地は特定の地域にお金をばら撒いて解決させてきました。特定の地域を押さえ込めば出来たのですが、沖縄ではこの手が通じなくなったのです。なぜ通じなくなったのか、これが理解できない鈍感さ、厚顔さが問題なのです。

米軍基地の誘致や拡大は、必ず現地住民の生活を害します。海底岩礁破砕は必ず沖縄の海を汚します。この問題が甘言やお金で収まりきれない状況となっています。なぜこれが理解できないのか、こっちの方がオカシイでしょう?

行政が行政を相手に訴訟を起すかもしれませんが、これ徹底的にやってほしいものです。そうすれば、海底ボーリング問題から沖縄基地問題が炙り出されるかもしれません。防衛省でも農水省でも訴訟ドンドンやって下さい。利が勝つのか、理が勝つのか、見物じゃないですか?

軍はない!

2015年3月24日
またまた今日も安部ちゃんネタでして・・恐縮です。ワタシ、この記事を見たのは昨日(23日)でしたが、起こりは20日の衆院予算委員会での発言でして、安部ちゃん、自衛隊と他国との訓練目的を聞かれて、「我が軍の透明性を上げていくことにおいて、大きな成果を上げている」と答えました。

この答弁、たったこれだけの言葉に2点も誤謬があります。もちろん「我が軍」は大間違いでして、安部ちゃんの頭の中では自衛隊は既に「国防軍」なんでしょうが、けして自衛隊は軍ではありません。我が国は憲法で非戦を謳っていて、我が国に軍は存在しません。”戦”を否定しているのに”軍”を使うのは、安部ちゃんのオツムが弱いでは済まないことです。

もう一つの誤謬は「透明性を上げていく」という件です。他国の軍と合同演習をやることで「透明性が上げていく」となるのか、透明性って何?不思議な解釈です。軍が合同演習をやるのは連携を高めるためでしょう?(何の?戦争の?)自衛隊が他の軍と演習をやること自体が拡大解釈が固定化した結果ですが、簡単に云えば、「米軍との連携を高めるに効果的だった」が正解なのです。

自衛隊を「我が軍」と口を滑らせて、米軍との連携を「透明性」と言い換える。なんともチグハグじゃないですか?もちろん問題は、安部ちゃんの頭の中の似非な、富国強兵的な国家観にあるのですが、それとともに問題なのは答弁がメディアに埋もれていることです。

民主党の細野政調会長がちょっと反論しているようですが、自民党の党員が「我が軍」に反論しないのは何故?メディアが反論しないのは何故?こうしたことを見逃していくうちに、こうした見逃しが重なっていくうちに、「我が軍」がいつの間にか定着していくのです。

我が国に我が軍はない!軍のない平和を維持するのが、この国の政治家の任じゃないのか?メディアの務めじゃないのか?こんな当たり前のこと、当たり前じゃなくなってしまったのか?

落ち羽根ひろい

P1010009.jpg

 ワタシの近頃の趣味は、とてもとてもオジン臭い散歩です。1時間ほど近所を徘徊するのですが、近所といっても5~6分で大きな川の土手に辿り着きますので、土手や河原をブラブラするのが趣味となっています。すると数多くの鳥と遭遇するのです。

 散歩はカレコレ5年ほどやっていますが、やっと最近ヒヨドリとムクドリが判別できる程度となりました。散歩して鳥を見るのが好きなのですが、鳥の名前を一向に覚えない、鳴き声も一向に聞き分けられないヘタレなただの鳥好きなのです。そんなワタシがここ数年やっているのが、鳥の落ち羽根ひろいです。

 鳥の落ち羽根ひろい。なんて非効率な、なんてミスボラシイ、なんてセコイ趣味であることかと自分でも思っております。10回散歩に出て羽根を拾えるのは1回か2回で、3年ほどやっていて収穫は15枚くらいなんですから。でも鳥の名前が分からなくとも、キレイな整った羽根があると楽しいのです。

 落ちているのを拾うのが基本で、それ以外の蒐集方法はあり得ないのですが、鳥のいる近辺で下ばかり見ているかと云えば逆でして、目線は樹上や空中を彷徨っています。そのうち「アッ羽根」と気づいて周囲を探します。だからとても効率が悪いのです。逆に云えば、落ち羽根ひろいはとても奇遇な出会いなのです。

 なぜ鳥の羽根なのかとお思いでしょう?鳥の羽根をじっくり見ると分かりますが、たとえヒヨドリのようなありきたりな地味な鳥でも、羽根の1本は、その色合いは、その色のグラデーションは、見れば見るほどキレイでよくできた色なのです。色そのもの、色の諧調的な変化が素晴らしいのです。

 だったら孔雀がいいだろう?インコがいいだろうと云われそうですが、キラキラな金ラメとか派手な黄色とかの色に、ワタシの場合、目は惹かれても気持ちまで惹かれません。そこいらに、近所にいる鳥がいいのです。羽根の基本色は茶色なのですが、この茶色の変化が、白から薄茶、薄茶から黒に近い濃茶、薄茶からオレンジかかった橙色へ、薄茶から灰色への変化等々、こうした色の変化の片々がとてもいいのです。

 道具もお金も要らない。だけど時間だけたっぷり掛かり、”運”に大きく左右されるへタレな羽根ひろい。なんとも安上がりな趣味。なんとも安上がりなワタシであることか?
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ