なにか変

112306.jpg

 先週の休日、安・近・短とばかりに、家から1~2時間の距離の紅葉スポットに行ってきました。ちょっとしたドライブですが、人ごみが嫌いで堪え性がないですから、混まないところ、近いところを選びました。

 具体的には、大間々へ行き、足尾へ行き、鹿沼に抜けるコースです。(日光まで行かないのがミソです。)朝9時半過ぎと遅い出発だったのに順調に車は進み、まずは1時間半で到着しました。大間々には国道の横にちょっとした渓谷があり、周囲を廻るウォーキングコースもありました。久しぶりに渓谷を眺め、巨石が転がる川原に下りて清流に手を浸しましたが、秋の風情はなぜかイマイチ。人出もそこそこで賑わっていましたが、それでもなにか紅葉狩りの雰囲気がイマイチなのです。

 次に渓谷沿いの国道を北上し足尾へ向かいましたが、前を行くも対向するも、交通量がとても少なくガラガラでした。足尾からは鹿沼へ抜ける道を見つけましたが、これがトンデモないクネクネ、子供でも書けないクネクネ道でした。クネクネもすごいのですが、道程中ほとんど民家がない深い山の中で、対向車が多ければとても面倒な道でしょうが、1時間近く走って対向する車は2~3台と少なくスイスイでした。

 群馬から栃木に抜けた北関東の道中は、一日中どこも空いていました。駐車場も、展望台もどこもです。バブル期の超混雑した観光地や行楽地の印象しかないため、休日は観光地周辺には近づかないようにしていましたが、今回はどこもスカスカ、薄気味悪さまで感じてしまいました。 

 もうひとつイマイチ感がつきまとったのが紅葉で、好天の青空をバックにスッキリしていません。黄色・茶色に赤い塊、それにところどころに常緑樹の緑が紅葉の要素ですが、コントラストが低いというか、山肌に薄幕が貼られているというか、スッキリハッキリじゃないのです。車窓から1時間も2時間も眺めていて、黄色が弱くくすんでいるために赤も緑も映えないのだと気づきました。ひょっとしたら黄色となる樹木に異変が起きているのでしょうか?

 スカスカの混まない、休日の行楽地への道路。スッキリしない紅葉の山々。なにか変です。道が混まないのはいいことですが、混まないというレベルではなく、閑散としているのです。そして、冴えない紅葉です。長い列に並ばない、人ごみに揉まれなかったことはよかったのですが、なにか、七味をかけないうどんのような、醤油をつけない刺身のような、なにか変です。

(写真は、彩度を落とし、コントラストを強くしたもので、写真にはどうしても細工を施してしまいます。本文とそぐわないですが、脳内でイマイチな紅葉に変換してください。)
スポンサーサイト

嘘?ホント?

2011年11月26日
立川談志師匠が亡くなりになりました。立川流家元談志師匠についても、落語についても不案内でして、今回はそのどちらとも違うことです。

立川流には、志の輔、談春、志らく、談笑といった噺家さんがいますが、その中の志らくがラジオで面白いことを言っていました。かいつまむと、「テレビ局がいろんな人から談志に関する話しを集めているけど、あまり喋る人がいなくて(林家)三平にまで聞いちゃって。また、三平が『師匠にはいろいろと教えていただきまして・・』なんて言いやがって、お前の落語なんか聞くわけないだろう。」には笑ってしまいました。テレビ局が取り上げるには、見知った顔が出てこないと駄目でしょうから、三平でお手軽に済ましたつもりが、とんだ藪から棒になってしまったようです。

今日、ネットで見つけた都知事の話しはどうなんでしょう?都知事は、数日前に直接電話で談志師匠に「くたばるんだろう。ざまあみろう。」と言ったと。言葉の過激さは親交の深さを表しているつもりでしょうが、全然面白くないですね。それより、先の志らくの話しの中で談志師匠の病状がありまして、談志師匠は言葉が出せない状態で、志らくだって筆談だったとのことです。それなのに都知事は電話で話し、談志師匠は「はっはっはっ」と笑っていたと言っています。

弟子とも筆談なのに、都知事の電話に出るのでしょうか?(電話をしたのは、何月、何日、何時、何分だ?と問い質したいですね。)本当のことは分からないでしょう。分からなくともいいのです。でも、可愛げのないレトリックと一緒に、こんなことを言ったと覚えていましょうね。

曲解難解

2011年11月25日
最近、いろいろ考えても分からないことが多いと思いませんか?今まではニュースを見ても「なに言ってんだ!」で済んでいたことが、知らなかった仕組みが出てきて「えぇ?」「ホント?」と思うことが多々あります。

例えば放射性物質。一時期都内の各所で線量の高い放射線が出ていて、ここ掘れワンワンと掘りました。出てきたのは数十年前の遺物で、「なんでこんなモノ掘り出したのよ?」となっています。また、最近観測されたストロンチウム、現時点では少なくとも2ヶ所は原発由来ではないそうです。我々は、知らず知らずに高線量の地域に住み、195ベクレル/キロのストロンチウムとともに生活していたのです。そう、3・11のずっと前からです。自分も含めてですが、我々にはまだまだ放射線に関する知識が少なすぎますし、ちゃんとした情報も少なすぎます。混同と混乱の中にいる、まだそんな状況なのです。

放射線だけでなく、原発も、ガレキも、野菜も、米も、あらゆるモノに問題が残っています。さらに、TPP も、増税も、株安も、円高も、大阪都構想も、そこいらじゅうに問題が残っています。こんな難しい社会環境の中で、マスコミは偏向した情報を流し、ネットでは怪しい情報が踊っています。我々の周りには正否不明な情報が溢れ、いろんな解釈が溢れていて、いつまでも一つ一つの問題がちっとも片付いていきません。だから、一つ一つを丁寧に理解を深めなければならないと思うのですが・・・。

最近、脱原発から脱しようと考えています。脱原発では核の問題は解決できない、そう考えるようになってきました。そして、核(放射能)も、政治も、マスコミも、問題はすべて社会の疲労であり歪みであると思うのです。だから、そんな問題は曲解しては分からないし、難解でも解きほぐさなければならないもので、なにかとても大変な時代に入ってきたのだと、漫然と考えたりしています。

バカばっかり

2011年11月24日
近頃、世間では3つの話しをよく耳にします。ひとつは「提案型政策仕分け」で、次に「通販生活」のCMで、3つ目はゴルフ場と東電の裁判の話しです。

「提案型政策仕分け」をやっていたのですが、こんなツマラナイ見世物はないでしょう。法的強制力が無いから「提案型」で、それでもかつて流行った「仕分け」に倣いたいのでしょうが、仕分けされた公務員宿舎を勝手に復活させておいて、なにが「仕分け」なのでしょう?「国民の目が(注意)が向いている。」とナマズさんが言ったそうですが、国民のことなんてこれぽっちも気にしていない「お前が言うなよ!」ですね。

「原発いつ止めるのか?」で始まる「通販生活」のYoutube 画像を見ましたが、世情そのもの、至極マットウで、ほとんどの国民が欲する原発国民投票を扱っています。この CM を民放各社が放映拒否したとのことです。競馬やボートレースを流すより、グリーだのモバゲーだのを流すより余程いいと思いますが?でも、特別に扱わないことは、普通に扱うより効果があると思いますけど。

福島のゴルフ場が放射線禍による被害で、お客さんが大幅に減ってしまったと東電を訴えました。これに対し東電は「ゴルフ場に降ったもの(放射性物質)は東電のものではございません。無主物です。」と。そして裁判官がこの超へ理屈、超詭弁を認めたとのこと。茶番の極み、バカすぎて言葉が出ません。原子力村には裁判官も住んでいるのですね?

政治家・民放(マスコミ)・裁判官(もちろん東電も)、皆して国民にソッポです。そんな彼らは、税金で不自由ない生活を送っているのです。イヤ~、救いようのないバカばっかし!

自分の一部



2011年11月23日
昨日、今日と朝はけっこう寒かったのですが、昨日のほうが空が晴れわたっていて、富士山もキレイに顔を出し清々しい朝でした。今朝の晴れ具合はイマイチでしたね。写真は、石灯篭の中に置かれた可愛い小さな置物で、昨日の商用の帰途、たまたま見つけた神社の参道にありました。

少々遠くても、少々寒くても暑くても、プラプラ歩くのは好きでして、特に知らない町を歩くのはいろんな発見があり好きなのです。その町の環境というか、大まかな来歴のようなものを感じることができるのです。たんなる妄想で、だからどうしたというレベルで、何の役にも立たない私の性癖です。でも、そんな中で、珍しいもの、価値のあると思えそうなものを見つけたら、楽しいのです。

仕事の帰りに、いや仕事の途中なのかもしれませんが、こんな風にプラプラと散策するのは、他人にはただのヒマツブシとしか思われないでしょう。でも、何も弁解する必要はないのですが、どんな些細な、どんなクダラナイものでも、自分の好奇心や探求心(?)を閉じない方がいいのではと思うのです。

生活していく内には、物質的にも精神的にも、いろんなモノの過不足が生じてきます。物質的な過不足を補うことは、物質的に解決できるでしょうが、物質では心の中の過不足を埋めることができません。何の役に立たない好奇心や探求心の追及は、何も手に出来ないかもしれませんが、心の過不足を均してくれるのではないかと、勝手に思っています。

だから、石灯籠の中の置物を見つけてしまうのです。我ながら損な性分だと思いますが、まあそれも自分の一部なのだと諦めています。(マズイ!ゴミ屋敷オヤジの素養があるのかな?)
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ