オリンピック不要論

2018年2月19日
え~っと、世間はオリンピックの話題で姦しいのですが、残念ながらワタシはオリンピックは夏季も冬季も興味がなくて、見ようと思ってもTVもありませんが、まったくオリンピックとは関係ない日々を送っています。

でも東京オリンピックには心配していることがあります。未だに東京オリンピック反対ですが、なんで7月の高温多湿期に実施するのか不思議で、まったく選手の体調を慮っていなくて、スポーツの祭典なんてチャンチャラおかしいのです。だって7月開催も、夜間や早朝の競技開始も、これすべてスポンサーの都合です。スポーツの興行化、商業化の極みでしかありません。

もう1つあるのがスポーツの政治化ですが、これはオリンピックが国単位の参加であるかぎり避けられない現実です。北朝鮮がオリンピックを利用して云々と言われていますが、それより先にロシアの国としての参加不可があります。これはオリンピックを利用しようとする政治の思惑があってのことで、オリンピックと政治は切っても切れない関係なのです。

国威発揚、まぁこれが目的なのですが、でもワタシ、小学生でもないのになんでスポーツで国威が発揚されるのか不思議なのです。そりゃ日本人選手が金メダルを獲れば、日本人として「イイ気分」は分かりますが、それでこの国の政治がマトモになるわけでなく、貴方の体調が良くなるわけじゃない。そう、社会も貴方の生活も関係ないのです。

そうひと時の「イイ気分」でしかなく、ひと時日頃のワダカマリや鬱憤をほんの少し和らげるだけでしかないのです。まぁそれだって、無いよりはあった方がイイとは思いますが、ただそれが全てといった騒ぎようはバカらしくて付き合っていられません。マスコミは騒ぐのが仕事ですから仕方ありませんが、なにも付き合う必要はないのです。

ただ選手が無駄なことをやっていると言っているのではなく、スポーツの祭典であるオリンピックなのに、選手が金儲けや政治宣伝の道具になっているのではないかと感じるのです。オリンピックの結果で選手が名声や富を得るのは悪いことじゃないのですが、その騒ぎで、その陰で、企業が巨万の富を得たり、国家の欺瞞が罷り通ったりするのはオカシイのです。企業や国家のヤリスギを防ぐ意味でも、やっぱり今の形のオリンピックは、要らないのではないかと思うのです。
スポンサーサイト

民は官のために・・・

2018年2月15日
いつも世の中はいろんなことが起きると書いていますが、ホントいろんな事が起きるものです。予測というか、想定できることであればいいのですが、思いもつかない事が起きることもあるようです。イヤ、こんな事くらい想定しなきゃいけないのかも・・・。

森友事件は今も野党が追及しようとしていますが、何か世間的には終わっているような感があります。でも、籠池さん夫妻は今も拘留中です。確かに詐欺罪で起訴されていますが、夫妻ともに拘留し続ける必要があるのでしょうか?また、拘留を続ける法的根拠はあるのでしょうか?(まぁ、根拠があるから拘留しているのでしょうが・・・)とっても異常ですね。

そして今日、またもや異常なことが発覚しました。籠池さんの自宅を競売にかける申し立てがなされていたのです。これは森友学園の管財人が、籠池さんの経営責任として、損害賠償額の査定を地裁に求め、地裁が約10億3千万円と決定しました。これが去年の12月です。そして今日の記事の「籠池被告の自宅の土地と建物の強制競売」となったのです。

シロートの疑問ですが、これオカシクないですか?なぜ夫妻を拘留したままなのかがまずありますが、「籠池被告」とあるのようにまだ被告なのに、なぜ損害賠償が先に来るのでしょう?そして管財人がチャッチャと自宅を競売にかける準備をしています。”超”長期な拘留と素早い損害賠償の準備、この”超”法規的なヤリクチは何でしょう?なにか権力が、個人を社会的に抹殺しようとしていると感じるのですが・・・。

確かに国の損害額はハッキリしていますが、その全責任を既に籠池さんにオッカブせています。起訴したということは争点があるからで、争点が決着する前に賠償するのはオカシイでしょう?森友事件では、不正確な、不適格な発言をした役人が大出世しています。なのに、被告とはいえ民間人は長期拘留と損害賠償です。この違いは何でしょう?

「官は民のためにある」と書くと、この現実からしてムナシイですね。籠池さんの処遇からすると、明らかに「民は官のためにある」のが現実です。籠池さんも、こんなに露骨に、脅迫的に、こんな状況に追い込まれるとは想定していなかったのでしょう?この件での官の対応は常軌を逸していますが、こんな状況で森友事件の真実は解明されるのでしょうか?

拒否る自由

2018年2月9日
今日、最高裁はホテル運営会社の上告を棄却しました。これはNHKからの受信契約締結と未払い受信料の支払いを求めた訴訟で、1審2審ときてNHK完勝です。

ホテル客室のTVの受信料に関しては以前にも書きましたが、これまったくスジの通らない理屈です。イヤ理屈がありません。再び書きますが、ホテル利用者は国内に住むヒトか海外に住むヒト、まぁどこを見てもこの2種類しか居ませんが、海外の客は受診料を払う義務はなく、国内客はほぼ”自宅”があり、”自宅”で払っているのがほとんどでしょう。受信機(TV)がある所からはすべて徴収したいのでしょうが、国内客だと二重徴収となりますよね?

そしてホテル側は受信料を客に転嫁できるのかという問題があります。利用明細に「NHK受信料」と書かれていたら、ひと悶着が起きるでしょう。それじゃホテルの経費となると、ホテル経営はさらに厳しくなっていき、経営を圧迫して、従業員の待遇にまで及ぶのではないでしょうか?そしてホテルもアルバイトばかりとなる・・・なんて。

これまた以前書きましたが、ワタシの知人はNHKの徴収がくると「見ないから切っちゃっていいよ」と答えます。すると「切るというわけにはいきません」との返事がくる。でも「切れない」のはNHKの事情です。電気もガスも、お金払わなければ止められます。なぜNHKが電気やガスと同じことが出来ないのか?こっちのほうが問題です。お金を払わないヒトは、電気やガスを止められるのは覚悟しているでしょう?なぜNHKは切る、切れる選択がないのでしょう?

経済の原則に反しているのは明らかにNHKです。NHKは必要とか不要とかいろいろ言われますが、全国民、全家庭から徴収したいのでしょうが、その前に国民には押し付けられる理由はないし、見なければならない義務もありません。国民に義務が生ずるのは、憲法と行政機関の決定しかありません。

NHKごとき無くたって困らない存在なのに、なぜエラソーに受信料徴収を強要するのか?まず「見る」「見ない」の選択、それから「払う」「払わない」じゃないのか?そう、国民には「拒否する自由」があるのでは・・・。(司法も腐ってきたのか?)

安部ズレゾウ

2018年2月5日
「安倍晋三首相は憲法9条改正に関し、『自衛隊の正当性を明文化、明確化することは、わが国の安全の根幹に関わる。改憲の十分な理由になる』と述べ、自衛隊の根拠規定を置く意義を強調した。『自衛隊が合憲であることは政府の一貫した立場で、国民投票でたとえ否定されても変わらない』とも語った。」

これ今日のニュースで、これが「改憲の十分な理由」だそうです。正当性を明文化、明確化がこの国の安全の根幹と仰っているわけですが、戦後70年を過ぎて、自衛隊の正当性を否定するのは共産党の一部と、左翼のホンの一部だけで、それも自衛隊発足から10年20年の頃の話しじゃないですか?

そんな昔のことより自衛隊の存在が危なくなる事案があります。それは「自衛隊は海外での戦争に関わらないから入隊した。もし海外派兵があるのなら自衛隊には入らなかった。」という自衛隊員自身が起している訴訟があるのです。つまり集団的自衛権が、自衛隊存在の根幹を危うくしているのではないかということです。

ワタシの若い時分から自衛隊の隊員勧誘はありましたが、海外派兵アリとなってしまったことのほうが”自衛隊の根幹”を揺るがせるのです。つまり今後の自衛隊のリクルート、隊員勧誘に海外派兵が大きな障害となり、人員の確保が困難となるでしょうから・・・。

安部チャンの発言がズレているのはこれで充分ですが、さらに「自衛隊が合憲であることは政府の一貫した立場で、国民投票でたとえ否定されても変わらない」とまた大きなズレを露呈しています。何処の誰が「自衛隊違憲」と騒いでいるのか?どうして国民投票で否定されるのか?まったく致命的なアタマのズレです。

狼少年は話しが大きくならなければ面白くないのでしょうが、「自衛隊違憲」も「国民投票」も狼少年=安部チャンの脳内でしか存在していないこと。それを指摘し糾すものが、与党にも野党にも、マスコミや文化人と呼ばれるヒトにもいない。なぜ諍いを起そうとする?諍いを防ぐのが政治じゃないのか?

現役アーチスト?

2018年2月1日
いつものことだけど、どうでもイイ話しで、今回はさらに何の役にも立たない話しです。なにせ40年ほど前に亡くなったギタリストに関することですから・・・。

40年近く前のギタリスト、そうワタシの大好きなマイケル・ブルームフィールドです。最近、繁華街に行くたびにレコード屋さんを覗いていまして、新宿や池袋なぞに行くと、1枚や2枚は見知らぬアルバムがあります。小躍りしながら買うのですが、この方、大レーベル、独立レーベルと数多く出していますので、ケッコー注意を要するのです。買った後に「なにこれ?」があるのです。

だいぶ前に書いた「Live At McCabe's Guiter Workshop・・・」ですが、これアヤシイのです。まず中古扱いで売られていたのですが、ちゃんと密封(シュリンク?)されているのに、開けると裸のCDが紙パッケージに挟まれているだけで、見開きページに英文が並んでいるだけで、他には何もないのです。ジャケット裏に演奏しているアーティスト名と曲名はありますが、よ~く見ると、ナントこのCDは2017年製なのです。2017年に1977年のライブ盤というのもヘンですが、2017年製で中古というのはもっとヘンですね。(1981年に亡くなったヒトの新譜というのは・・・)

次に一番最近入手した「BETWEEN THE HARD PLACE & THE GROUND AND MORE」というもの。「BETWEEN THE HARD PLACE & THE GROUND」は独立レーベルから出されていると調べましたが、この「AND MORE」は何なのかです。ジャケット裏の「BETWEEN~」の下に小さく「CRUSIN' FOR A BRUSIN'」とありまして、「CRUSIN' FOR A BRUSIN'」も同じく独立レーベルから出されたアルバムですが、調べると入っている曲はそのままですが、曲順がメチャクチャでした。

これを入手したのはラッキーなのか、ちょっと考えてしまいます。2枚のLPを1枚のCDに、2イン1はよくありますが、2枚目のアルバムは小さな表示で曲順がメチャクチャって何?無駄を承知で推測すると、これを出した会社はアルバム2枚分の版権を買わず、1枚は曲の使用権だけ買ったのかな~?それで2イン1と表示せず、曲順を変えている?

まぁ輸入盤に手を出すと、こういうモノに出くわすことはよくあることです。でも40年近く前の音源で、いまだに商売しようとするヒトもいれば、それを買うヒト(ワタシですね)もいるわけで、マイケル・ブルームフィールドは商売的にはいまだに現役ということでしょうか?
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ