ブルースって?

 今年もお彼岸となりまして、毎年のようにニョキニョキと姿を現す彼岸花に、毎年のように感心しています。今年の夏は異常でして、ここにきてやっと季節がフツ~かなと感じています。

 先日、知人の中高年の女性(女性の年齢の推測は難しいので・・)と喋っていましたら、新宿でReiのミニコンサートを観てきた話しとなり、Reiをどう説明したらよいか、切り出さなきゃよかったと少し悔やんだのですが、「ブルース」という言葉を多少知っているらしく、「そんなに凄いギタリストなの?」とちっとは興味を持ったようでした。

 そして数日後、再び顔を合わせると「Rei、YouTubeで観たけど凄いね」とのこと、さらに「うちのダンナがああいうのを好きで気に入ったみたい」と。「それはようござんした」と思っていると、「Reiは自作の明るい曲よりも、古い曲をバリバリ弾いているほうがいい」と、さらに「古いブルースってどんなものかと、ダンナがブルースを聴きたい」とのこと。

 ワタシ返答に詰まってしまいました。おそらく50歳前後のオジサンに「ブルース」を教えるなんてトンデモナイことです。マイケル・ブルームフィールドだったら「オレが教えてやる」とダレ構わずいうでしょうが、ブルースの沼はとても深くてとても広い。ワタシなんて東洋の片隅でコソコソ聴いていて、ブルースの百分の一、千分の一くらいしか聴いていないのに・・・。

 もう30年以上前のこと、当時働いていたカメラ屋の社長の三男坊、これが音楽好きでして、うっかりバターフィールド・ブルースバンドの名前を出したら喰い付いてきました。話しはバジー・フェイトンやデビッド・サンボーンにまで及び、ワタシより余程の重症でした。そうなんです。ブルース好きは世間から見えない所に隠れて棲息していて、同好(同病?)の士とまみえる機会はほとんどなく、ブルースをヒトにおススメしようなんて思っていません。そんなんでヒトから「ブルースを聴きたい」と言われると困惑するのです。

 ブルースの沼は深くて広いのです。それに、演奏者が「これはブルースだ」と言えばそうでしょうし、聴くほうが「ブルースみたい」と思えばそうでしょう。病が嵩じれば、淡谷のり子が最高のブルースシンガーともなるでしょう。でもこれをヒトに説明するなんて、途方もないことです。

 ソニー・ボーイやハウリン・ウルフ、ジョン・リーやスリーピー・ジョン、マディ・ウォーターズ・・・。それからポール・バターフィルドやマイケル・ブルームフィールドといった白人ブルースマン・・・。そして日本の憂歌団・・・。ほかにもイッパイいて、とてもワタシの手に負えません。さてさて、このブルース話しどうなることやら。
スポンサーサイト

修復可能?

2017年9月19日
なんでも例の「このハゲー!」議員の釈明会見があったらしく、ニュースが溢れていますが、まったく興味が湧いてきません。ご本人は政治家としての生き残りを賭けていらっしゃるのでしょうが、もう後の祭りですね。修復可能と思っていらっしゃるとしたら、そんなに世の中甘くないことを思い知るだけでしょう。

安倍チャンがニューヨーク・タイムズに寄稿したとのニュースがありました。中身は北朝鮮に関することで、これまで北朝鮮はさんざ「約束を反故にしてきた」とか、北朝鮮との対話は「無駄骨に終わるに違いない」とか書いているそうです。さらに北は「ミサイル発射や核実験をしたから、諸外国は対話を求めてきた」と誤解しかねないとし、国際社会が連帯して北朝鮮への圧力を最大限に強めるべき時だと主張したそうです。”忖度”も一種の圧力ですが、安倍チャンは圧力好きですね。

話し合う気はゼロ、皆して叩き潰そうと吹きまくっているようです。しかし安倍チャンご本人は、15年前随行員として北朝鮮に赴いています。数少ない”北経験者”なのに、どうして率先して対話を否定するのでしょう?まぁ対話路線をもっとも早くから否定し、対話ルートをもっとも早く断ち切った自身の施策を隠匿したいのでしょうか?

そうワタシは、小泉訪朝の拉致被害者奪還後の対北朝鮮政策の転換、対話の中断からボタンのかけ違いが始まったのではないかと思っています。あの時もっと強引に経済交流(支援でも)を進めてゆくべきだったのではないかと、今更ですが思っています。そして不可解なのは、なぜあの奪還の機運が急速にシボんだのかです。拉致被害者の帰国は一時帰国の名目だったようですが、なぜあそこでもっと続けなかったのかと思うのです。

あの時に修復できなかった、しなかったのを15年後に振り出しに戻すのは難しいでしょう。対話を促すのは困難なのかもしれませんが、でも戦争のお膳立てをした日本政府よりも、対話の再開によって戦争を防いだ日本政府の方が、はるかに人道的で、はるかに誇るべき政治手腕じゃないでしょうか?

ワタシ思うのですが、対話の道を日本先導で構築することこそ、日本はどうやっても戦争を阻止する姿勢を貫くことこそ、平和国家日本の選ぶべき道じゃないでしょうか?北朝鮮マターは「このハゲー!」よりも修復可能じゃないでしょうか?

No More NHK

2017年9月17日
今回の大型台風、18号ですか、まぁ台風が来るのは地球の構造上イタシカタナイのですが、なにやら最近余計な災害が増えてきているように思えます。(自民党?北朝鮮?)そう、唐突に発生して、トーゼンとばかりに手前勝手な主張を押し通す。NHK?アタリ~。

なんでもNHKさん、新しいネタを見つけたそうです。「電気・ガス・水道会社と契約すると、自動的にNHKがやって来る」というもので、電気やガスといったインフラを利用すると、(誰でも利用するだろう?)そこから個人情報を融通してもらい、その情報で「NHKで~す」と集金に押しかける計画があるそうです。なんともまぁ~熱心なことです。

でも電気やガスといえば民間企業ですよね?たとえ住所と名前だけであっても個人情報は個人情報で、民間企業が安易に提供できるのでしょうか?さらに水道というインフラは地方自治体で、自治体の情報を行政機関ではないNHKなぞに提供できるのでしょうか?NHKは住所と名前だけと言っているようですが、住所と名前は個人情報の最初のトッカカリ、これだけならイイというのじゃなく、この2つがあれば押しかけることができるわけで充分悪用なんです。

これはテレビというメディアが今後どのように変化するのか、テレビとヒトの関係次第だと思うのですが、この先行きが明るくないからNHKはシャカリキになっているのではと思います。でもこれ、国と国民の徴税・納税関係と同じです。国民はワケも分からず取られて、どう使われているかも分からない。何にいくら使ったかが分からず、とりあえず取られる。節税意識はあるのか、内部の合理化は進んでいるのか?こうしたことがブラックホール。それでも”取る”方はあの手この手を駆使する。まったく同じですね。

ワタシゴトですが、ワタシ、テレビやめて10年ほどですが、NHKが来なくなったのはアンテナを外してからです。でも電気もガスも通っていますので、ヤツラ(NHK)はやってくるのでしょうか?仕事熱心はケッコーだけど、そんなことヤメタほうがよぽど効率的な、節約された経営になるのではないでしょうか?ん?アルバイトがやる?ケッコーなことで・・。NHKはイカシカタナイのでしょうか?バカなことヤメろ・・・じゃないでしょうか?

対話45%

2017年9月14日
今日のネットのニュースにこんなものがありました。『北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は14日の声明で、日本列島を核兵器で「沈める」と警告するとともに、最近の核実験に対する追加制裁決議を行った国連を破壊して「廃墟と暗黒」にすると威嚇した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。』というもの。さらに『日本については「4つの列島でできた国は、主体(チュチェ)思想の核爆弾で海に沈めるべきだ。日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」』とも。

これだけの記事を見ると、「またバカな国がバカ言っている」と思うでしょう。でも「日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」というセリフを見て、ちょっと立場を変えて考えてみるべきかなと思いました。それは、同じくネットで『山田厚史の「世界かわら版」』の北朝鮮に関する記事を読んだ影響があるでしょう。

山田厚史の「世界かわら版」、これ北朝鮮を巡る現状を冷静に偏向すること無く分析しています。(検索して読んでみて下さい。)ケッコーな長文で、多岐にわたる視点から現状を解説しているのですが、初っ端に「対話45%、圧力40%」とあります。北朝鮮に対して、対話と圧力のどちらを支持するかの数値ですが、「対話45%」にちょっとホッとします。現状で圧力支持が圧倒的であったら、この国も彼の国と変わらないとなってしまいます。

田原総一郎氏が安部チャンに提案した「入れ知恵外交」、これは日本が「トランプと金正恩の仲立ちをして新たな6ヵ国協議を始める」というもので、とてもいい提案です。なぜ今更な6ヶ国協議がいい提案なのかですが、永らく断交が続いている日朝関係を再構築することができれば、事態の転換がありえるかもしれないからです。日本が米国追従ではない、独自の提案、独自の交渉を打ち出せば、「日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」との北の認識を変えることができるかも・・・。

『[いま戦争が始まっても米国に核ミサイルは届かない。戦火を浴びるのは日本と韓国だ。北朝鮮にもおびただしい犠牲者が出る。トランプと金正恩のチキンゲームで危機にさらされているのは我々なのだ。爆撃で問題は解決しない。ならば対話しかない。』山田厚史さんの記事にはこんな一文もあります。やっぱり今こそ対話なのです。

北との再交渉とは夢物語でしょうか?15年前の小泉政権のとき「日朝平壌宣言」があり、このとき拉致被害者が帰国しています。対話は不可能じゃないと思いませんか?もしかしたら対話は日本にしか出来ないことかもしれません。「対話45%」ということは民意は対話で、国民は爆撃や斬首は望んでいないのです。

バカの連鎖

2017年9月13日
世の中はいろんな噂で溢れている。有名人をターゲットにして扇情的に騒ぐメディアがあって、なんでも”文春砲”とか言われているようですが、芸能人が異性関係や薬物なんかでブッ飛ばされるのはアリとしても、政治家が不倫とか、女性関係でブッ飛ばされるのはナンダカナ~・・・です。

それが今回は晴れて民進党の党首になった前原氏です。なんでも20年近く前に訪朝(北朝鮮ですね)した際に、北朝鮮美女とイチャイチャしていたのが発覚したそうです。まぁ政治家が他国で、他国の女性とのイチャイチャ写真を撮られるなんて「ただのアホ」としか思えませんが、ちょっと待って下さい。20年近く前の写真が、なぜに今頃出てくるのでしょう?メディアはいろんな写真やいろんな噂の言質を持っていて、出すタイミングを探っているのでしょうか?

ワタシ、芸能人や政治家であろうと、誰であろうとイチャイチャや不倫などまったく興味ありませんが、政治家の醜聞は「税金でなにやってんの?」と腹立つだけです。「些細なことにメクジラ立てなくとも」ではなくて、税金で、日本国の代表で、なんでそんなミットモナイことができるのか?政治家の資質云々以前の、「バカ」だから腹が立つのです。そしてそんなバカを恫喝するバカマスコミがいて、そんな記事に興味津々なバカ国民がいて・・・。

民進党、幹事長候補の女性といい、新党首といい、どこの誰にウラミを買っているのでしょう?ウラミじゃなくて、党勢を削ぐためでしょうか?そんなことしなくとも民進党はなにもできやしません。”離党ドミノ”とか言っていますが、元々が烏合の衆で、保身のために離合集散を繰り返すだけの存在です。これも全ては政治が数の力になったためで、民進党に力とか、理想といったものはどこにもないのです。

その政治の数にチャチを入れようとしている、どこかの党に阿(おもね)って情報を操作しているマスコミがいる。この政治家に、このマスコミに、この国民・・・バカの連鎖、キリがないのです。
プロフィール

等閑堂

Author:等閑堂
”ひつじのこ”にようこそ!
あなたの日々積み重なるものはなんでしょう?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ